*

七夕の笹を長持ちさせる方法をやってみました

公開日: : 最終更新日:2018/07/24 子育て日記

     

幼稚園で使う七夕の飾りに必要となる笹。

この笹・・・・今まであまり気にしたことがありませんでしたが、どうやら日持ちがしないものだということが判明しましたΣ( ̄□ ̄|||)

今年は笹を用意する担当となったので、いかに笹を元気にさせるかいろいろ調べてみました。

そこに書いてあったものとしては主に2つありました。

笹を日持ちさせる方法とは?

一つは

 

・酢水につけること
(比率としては酢3:水2くらい)

二つ目は

・水で濡らした新聞紙で出来るだけ密閉させること
(ただし、葉が枯れて丸まってしまってからでは駄目ですが、少ししおれたくらいなら元に戻るとか)

 

確かアジサイも水揚げが難しく、濡らした新聞紙でくるませて葉から水を吸わせるということをやりますよね。
(・_・D フムフム

ということで、実際にやってみました。

用意した笹ははるか高い、250cmはあるであろう大きなものでしたΣ(゚Д゚)

嬉しいけれど、当日までもってくれるかしら???とやや不安になりながらも急いでバケツに酢水を作っていれました。

そして、葉っぱに水を・・・・

シュッシュと霧吹きで水をかけたりなんかして・・・・(;´Д`A “`

新聞紙で巻いてみるものの、なんせ大きすぎて・・・(´-∀-`;)

 

・・・・疲れましたね・・・・ハイ・・・

 

 

あとは笹の頑張りにかけよう・・・・・!!!!

と思ってそのまま幼稚園に預けてきました(;^_^A

酢水の笹と水の笹の差

そして当日、大きいものは葉がすっかり枯れてしまっていましたが、先生が子どもたちに分けるようにと枝を切り落として下さり、さらにその枝を酢水に入れて下さっていたのでなんと!!!

子どもたちの手に渡った笹は思った以上に葉が青々としていました~~~~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°やったー

それがこちら・・・

切ってから4日目の笹の葉。やや丸まってはいるものの、意外と葉っぱは開いていると思いませんか?

比較してみると分かりますかね??こちらはただの水につけたときの状態。

酢水はそれなりに効果があるということが分かりました~♪

まとめ

いかがでしたか?

私自身、子どもたちに枯れた笹よりも美しい本来の笹というものを知ってもらいたい!!!という思いが生まれたのは初めてでしたね。

枯れた笹を持ち帰ってくるのが当たり前~でしたから。。。

できれば、笹を切ってくるところも子どもたちには見てもらいたいなぁなんて欲のでた今年の七夕でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

縦割り保育のありがたさ

幼稚園三日目は雨が降っていました。 合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、 「ぬれち

記事を読む

残念だったりんごろうそく

12月になるといよいよアドヴェントの季節です。 今年は1日が第一アドヴェントだったので、なんだ

記事を読む

冬はろうそくの灯りで心を温める?

冬になると夜空の星や月がとてもきれいに見えるようになりますね。 そんな夜空をみてなのか??長女

記事を読む

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

12月6日は聖ニコラウスの日でした。 シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事

記事を読む

絡まった気持ち

今週は秋雨が続いていますね。秋の長雨を「ススキ梅雨」と言ったりもするそう です。 寒さもからだにこた

記事を読む

ぶどうとコガネムシ

たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。 でもよくよく見てみると、かなりの葉

記事を読む

「ヘナ」って知っていますか?

      知人の紹介で、初めてヘナというものを体験してきました!!

記事を読む

すきなこととできること

家に帰ると、長女、次女が友だちと水彩をしていました。 絵を描くことが好きなのか、絵の具の色の混

記事を読む

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

ヒメツルソバ

2か月ぶりに自分の家に帰ってきました。2か月離れているとだいぶ懐かしさが こみあげてくる(*^▽^*

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑