*

七夕の笹を長持ちさせる方法をやってみました

公開日: : 最終更新日:2018/07/24 子育て日記

     

幼稚園で使う七夕の飾りに必要となる笹。

この笹・・・・今まであまり気にしたことがありませんでしたが、どうやら日持ちがしないものだということが判明しましたΣ( ̄□ ̄|||)

今年は笹を用意する担当となったので、いかに笹を元気にさせるかいろいろ調べてみました。

そこに書いてあったものとしては主に2つありました。

笹を日持ちさせる方法とは?

一つは

 

・酢水につけること
(比率としては酢3:水2くらい)

二つ目は

・水で濡らした新聞紙で出来るだけ密閉させること
(ただし、葉が枯れて丸まってしまってからでは駄目ですが、少ししおれたくらいなら元に戻るとか)

 

確かアジサイも水揚げが難しく、濡らした新聞紙でくるませて葉から水を吸わせるということをやりますよね。
(・_・D フムフム

ということで、実際にやってみました。

用意した笹ははるか高い、250cmはあるであろう大きなものでしたΣ(゚Д゚)

嬉しいけれど、当日までもってくれるかしら???とやや不安になりながらも急いでバケツに酢水を作っていれました。

そして、葉っぱに水を・・・・

シュッシュと霧吹きで水をかけたりなんかして・・・・(;´Д`A “`

新聞紙で巻いてみるものの、なんせ大きすぎて・・・(´-∀-`;)

 

・・・・疲れましたね・・・・ハイ・・・

 

 

あとは笹の頑張りにかけよう・・・・・!!!!

と思ってそのまま幼稚園に預けてきました(;^_^A

酢水の笹と水の笹の差

そして当日、大きいものは葉がすっかり枯れてしまっていましたが、先生が子どもたちに分けるようにと枝を切り落として下さり、さらにその枝を酢水に入れて下さっていたのでなんと!!!

子どもたちの手に渡った笹は思った以上に葉が青々としていました~~~~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°やったー

それがこちら・・・

切ってから4日目の笹の葉。やや丸まってはいるものの、意外と葉っぱは開いていると思いませんか?

比較してみると分かりますかね??こちらはただの水につけたときの状態。

酢水はそれなりに効果があるということが分かりました~♪

まとめ

いかがでしたか?

私自身、子どもたちに枯れた笹よりも美しい本来の笹というものを知ってもらいたい!!!という思いが生まれたのは初めてでしたね。

枯れた笹を持ち帰ってくるのが当たり前~でしたから。。。

できれば、笹を切ってくるところも子どもたちには見てもらいたいなぁなんて欲のでた今年の七夕でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

親の中のミカエルの剣

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が しています。子どもたちが学

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

はじめての幼稚園。子どもの心親知らず?

末っ子の幼稚園が始まり、二日目の朝。 息子は朝になって出かけるときになると、 「ママと一緒にお部屋に

記事を読む

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

松岡修造の言葉

「心の背筋を伸ばせ!」いったい何のこと??と一瞬考える・・・。毎日なんとなく 疲れた日が続いていた

記事を読む

子どもたちの相撲遊び

子どもたちが何やら楽しそうに大声で笑って遊んでいたので、耳を澄ませて聞いてみると・・・・ &n

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑