*

すずめすずめほしや【小学生向けわらべうた】

公開日: : 最終更新日:2020/08/05 わらべうた

     

すずめすずめほしや

歌詞

 

 

遊び方

「すずめすずめほしいや」・・・・リーダーが歌いながら群れに近づく。その時に動作する。

「どのすずめほしいや」・・・・・群れのすずめたち、お互いの顔や、みんなの顔を指す。

「○○ちゃんすずめがほしいや」・・・・リーダーが誰かを指し、選ぶ。そのとき全員円の隊形になる。

「やまあっていかれぬ」から「おにぎりやるからこいこい」まで、2人の歌問答。

「こいこいこいこいこい」はみんなで歌う。

歌い終わったら2人はすばやく一緒になる。

他の子は、輪のまま邪魔しながら輪を広げたり縮めたりする。

<隊形1>

全員が群れになり、リーダーが離れて立つ。

 

<隊形2>

全員が円陣になり、手をつなぐ。

リーダーと指名された子が向かい合う。

遊びのポイント

リーダー役が任意の子を指名して自分の方に使わせるという遊びです。

好きな子を選んでも、すぐには目的を果たせず、いくつかの障害を乗り越えて、やっと2人は一緒になれるという流れになっています。

まるでラブストーリーですが、このような流れの遊びは、嫁取り歌といわれる分野に属しています。

遊びの進行に重要な活動は歌問答です。

リーダー役とリーダー役が指名した二人はみんなが連取している園をへだてて相対し、問答形式で歌いあいます。

オペラでいえば、見せ場のデュエットというところ。

例を挙げて説明してみましょう。

・リーダー「○○ちゃんすずめほしいや」

・指名されたすずめ「山あって行かれぬ」・・・・困った様子で山をしめす様子。

・リーダー「山登ってこうい こい」・・・・力強く励ますように山登りの動作。

・すずめ「川あっていかれぬ」・・・・ますます困って悲しそうに、川をこぐ動作。

・リーダー「川 渡ってこうい こい」・・・・バタバタ手を動かし、口に手を当てて呼ぶ。

・すずめ「雨 降っていかれぬ」・・・・雨が降っているように両手を上から下に小さく揺らしながら、小さい声で。

・リーダー「傘 ける(あげる)から こうい こい」・・・・傘を開く動作、手まねき。

・すずめ「腹経ってゆかれぬ」・・・・お腹に手を当てて、切なそうに歌う。

・リーダー「おにぎりやるから こうい こい」・・・・大きなおにぎりを作る動作。一段と声を張り上げて。

 

これらの表情は、指導者の導入の部分で詳しく物語って聞かせ、子どもたちに充分に想像させて、演技中も、大げさでなく、助言しながら指導していきます。

子どもによっては、表情が苦手な子もいるので、無理強いせず、指導者も補いながら演じさせ、成功させるといいでしょう。

スポンサーリンク

 

関連記事

春夏秋冬 季節のわらべうた

季節のわらべうた 春や夏になったら・・・秋、冬になったら思わず口ずさんでしまう歌ってありますよね。

記事を読む

まりつき歌-てぃーたーみゆ

てぃーたーみゆ (まりつき) 沖縄県 歌詞 てぃーたーみゆ いちむ ななや くじいっくゎん

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

手遊び歌-しのだのもりの

しのだのもりの 手遊び歌 山梨県 歌詞 しのだの もりの きつねが こんちきち こん こん

記事を読む

遊ばせ遊び歌-あがりめさがりめ

あがりめさがりめ 顔遊び 山口県 歌詞 あがりめ さがりめ くるっとまわって ねこのめ ね

記事を読む

手遊び歌・おまじない-あいにさらさら

あいにさらさら おまじない歌 青森県 歌詞 あいに さらさら こがねに さらさら いだい ところ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

【小学生のわらべうたあそび】かごめといもむし

かごめといもむし <年長・小学生向き>   あそび方 1.「かごめグループ」

記事を読む

季節の歌ーはたはたぎっちょん

はたはたぎっちょん 季節の歌(秋)大阪府 歌詞 はたはた ぎっちょん ぎっ ちょん ちょん

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑