*

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

公開日: : 最終更新日:2018/12/10 子育て日記, シュタイナー教育

     

12月6日は聖ニコラウスの日でした。

シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事の一つとしています。

そもそも私は、ニコラウスの日を知りませんでした。(キリスト教徒ではないので・・・)

簡単にいってしまうと、聖人ニコラウスはサンタクロースとなった人のことです。

今では、サンタクロースを知らない子どもはいません。

では、サンタクロースとはいったいどの時代から生まれたのでしょうか。

そんな疑問を解決するのが、「ニコラウスの日」です。

 

 

サンタクロースの起源と由来

無実の罪に問われた死刑囚を救った聖伝

4世紀頃の東ローマ帝国・小アジア(現トルコ)のミラの司教セント‐ニコラウスは、ある時、貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならなくなる家族の存在を知りました。

そこでニコラウスは、真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れます。

このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったといいます。

この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられたという逸話が残されています。

この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という、今日におけるサンタクロースの伝承が生まれました。

 

ニコラウスの日で行うこと

日本のイベントでは、サンタといえば、「クリスマス会」ですね。

みんなでごちそうやケーキを食べたり、ゲームをしたりして、パーティーのように過ごしますよね。

そして、最後にプレゼント交換やプレゼントをもらったりして・・・・。

 

学園では、ザ・イベント!!という感じで大々的に行うわけではなく、「ニコラウスからの贈り物」として、2年生が全学年にクッキーを配るようです。

次女が2年生なので、

「教室のドアをたたく音がして、出てみたら、たくさんのクッキーが置いてあったの!それを、みんなに配りに行ったんだよ~!」

と教えてくれました。

なぜ2年生?と考えましたが、まだ淡い夢見心地の8歳という年齢が、ニコラウスとの関係を結びつきを強くするのかなぁと思いました。

 

シュタイナー教育では、9歳を「ルビコンを渡るとき」といって、9歳の危機ともいいます。

シュタイナーでなくとも、このあたりの年ごろの子どもたちを、子どもと大人の堺で揺れ動く「ギャングエイジ」とも呼ばれていますね。

 

そういったことも考えられての、2年生なのかな、と思いました。

 

 

「サンタクロース」=「ニコラウス」の伝えたい事

学園で行ったことはこれだけ。

みんなで集まったりするわけでもなく、淡々と配る、受け取る。

 

ちょっとさみしい?と思うかもしれませんが、そういった人の動きが子どもの心に与えるものは、

 

またこの季節が来たんだな、

とか、

もらってうれしい

とか、

自分たちが配ることを誇らしく思ったり

だとか、

そんな風にそれぞれが感じることがあるのだろうなと思います。

 

私は、子どものころクリスマスといえば、両親に

「何がほしい?」

と聞かれて育ったので、サンタクロースはほしいものをくれる人、もしくはクリスマスプレゼントはほしいものがもらえる日、だと思い込んでいました。

そして、大人になってからはサンタクロースではなく、クリスマスプレゼントとして、友達や恋人に贈り物をするという習慣になりました。

さらには子どもが生まれると、どうやって子どものほしいものを聞き出そう?とあれこれ考えるようになり、「もしかしてサンタクロースという存在に踊らされている?」と思うようになってしまいました。

そんな時に、出会った「ニコラウス」。

プレゼントをもらうことが当たり前ではないこと、サンタクロースは欲しいものをくれる人ではないということ、サンタクロースの本当の意味を知ることができたように思います。

 

そして、子どもたちにも、ニコラウスの人に対する想いを知ったうえで、サンタクロースというものを知ってほしいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

寒い日の部屋遊び カプラを楽しむ

今朝は思った以上に寒くて、なかなか布団から出られませんでした。 日の出の時間も遅くなってきてい

記事を読む

かばんの中のネコ

荷造りをしていたら、我が家の愛猫おとがやってきました。 ネコは家に着くとはいいますが、うちのお

記事を読む

夏のさんぽ 虫の抜け殻ってこんなにあるの??

残暑もまだ厳しく、外あそびが体にこたえます。 それでも、子どもは外へとびだして遊びに向かいます

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

幼児教育のプロに聞いた!育児で大事な3つのこと

子どもを育てるという当たり前のことであるにもかかわらず、今は子育てに悩む人が多い世の中。 &n

記事を読む

子どもを取り巻く遊び

学童保育の補助に行ってきました。今回は末っ子2歳児も一緒にお手伝い??で 参加しました。小学生の女

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

no image

鶴ケ池を子どもと散策 散歩して運動不足を少しでも解消したい長休み・・・

春休み、子どもとどのようにして過ごしていますか? わが子たちは独自の発想で、毎日を開拓していま

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑