*

サンタクロースはどこからきた?起源と由来

公開日: : 最終更新日:2018/12/10 子育て日記, シュタイナー教育

     

12月6日は聖ニコラウスの日でした。

シュタイナー学園では、この「ニコラウスの日」を大切な行事の一つとしています。

そもそも私は、ニコラウスの日を知りませんでした。(キリスト教徒ではないので・・・)

簡単にいってしまうと、聖人ニコラウスはサンタクロースとなった人のことです。

今では、サンタクロースを知らない子どもはいません。

では、サンタクロースとはいったいどの時代から生まれたのでしょうか。

そんな疑問を解決するのが、「ニコラウスの日」です。

 

 

サンタクロースの起源と由来

無実の罪に問われた死刑囚を救った聖伝

4世紀頃の東ローマ帝国・小アジア(現トルコ)のミラの司教セント‐ニコラウスは、ある時、貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならなくなる家族の存在を知りました。

そこでニコラウスは、真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れます。

このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったといいます。

この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられたという逸話が残されています。

この逸話が由来となり、「夜中に家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」という、今日におけるサンタクロースの伝承が生まれました。

 

ニコラウスの日で行うこと

日本のイベントでは、サンタといえば、「クリスマス会」ですね。

みんなでごちそうやケーキを食べたり、ゲームをしたりして、パーティーのように過ごしますよね。

そして、最後にプレゼント交換やプレゼントをもらったりして・・・・。

 

学園では、ザ・イベント!!という感じで大々的に行うわけではなく、「ニコラウスからの贈り物」として、2年生が全学年にクッキーを配るようです。

次女が2年生なので、

「教室のドアをたたく音がして、出てみたら、たくさんのクッキーが置いてあったの!それを、みんなに配りに行ったんだよ~!」

と教えてくれました。

なぜ2年生?と考えましたが、まだ淡い夢見心地の8歳という年齢が、ニコラウスとの関係を結びつきを強くするのかなぁと思いました。

 

シュタイナー教育では、9歳を「ルビコンを渡るとき」といって、9歳の危機ともいいます。

シュタイナーでなくとも、このあたりの年ごろの子どもたちを、子どもと大人の堺で揺れ動く「ギャングエイジ」とも呼ばれていますね。

 

そういったことも考えられての、2年生なのかな、と思いました。

 

 

「サンタクロース」=「ニコラウス」の伝えたい事

学園で行ったことはこれだけ。

みんなで集まったりするわけでもなく、淡々と配る、受け取る。

 

ちょっとさみしい?と思うかもしれませんが、そういった人の動きが子どもの心に与えるものは、

 

またこの季節が来たんだな、

とか、

もらってうれしい

とか、

自分たちが配ることを誇らしく思ったり

だとか、

そんな風にそれぞれが感じることがあるのだろうなと思います。

 

私は、子どものころクリスマスといえば、両親に

「何がほしい?」

と聞かれて育ったので、サンタクロースはほしいものをくれる人、もしくはクリスマスプレゼントはほしいものがもらえる日、だと思い込んでいました。

そして、大人になってからはサンタクロースではなく、クリスマスプレゼントとして、友達や恋人に贈り物をするという習慣になりました。

さらには子どもが生まれると、どうやって子どものほしいものを聞き出そう?とあれこれ考えるようになり、「もしかしてサンタクロースという存在に踊らされている?」と思うようになってしまいました。

そんな時に、出会った「ニコラウス」。

プレゼントをもらうことが当たり前ではないこと、サンタクロースは欲しいものをくれる人ではないということ、サンタクロースの本当の意味を知ることができたように思います。

 

そして、子どもたちにも、ニコラウスの人に対する想いを知ったうえで、サンタクロースというものを知ってほしいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

幼稚園のオープンディ

シュタイナー幼稚園に入って初の大仕事!? 昨年度は参加する側だった幼稚園のオープンディ。 今年は

記事を読む

手作りおもちゃで癒しの時間

久しぶりに末っ子長男の就園前の親子教室へ行ってきました。3人目の末っ子には シュタイナー幼稚園に通わ

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

子どもと一緒に高尾山登山

子どもと一緒に山登りに行ってきました。 今回は、自分も小学校の時からお世話になっている高尾山へ

記事を読む

こわい・・・子どもと祖父母での旅行

この土日は親せきが集まってお墓参りに行くというので、我が家は、私が用事があって 参加できなかったの

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られるこ

記事を読む

教育の種類 世界の幼児教育のまとめ

モンテッソーリ、フレーベル、フレネ、シュタイナー、ニキーチン、コダーイ・・・世界には今日までに、子ど

記事を読む

幼稚園選び シュタイナーの子育てとの出会い

我が家の末っ子は来年幼稚園入園予定。なので、今年は幼稚園選びの年です。長女の 時は幼稚園を数件回っ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑