*

次女のりんごろうそく 再び

公開日: : 子育て日記

     

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。

1,2年生のみのイベントなので、次女は2回目。

残念ながら3年生から転入した長女は、参加はできません。

しかしながら、姉妹ということもあって、見学をすることができました。

 

つい先週、末っ子長男の通う、シュタイナー幼稚園でりんごそうそくが行われましたが、このときは親のみの見学で、姉妹の参加はできませんでした。

息子は、はじめてのりんごろうそくを体験して、なにやら誇らしげな様子で、

「ぼく、りんごろうそくやったことある」

といってました。

 

基本的に、子どもたちに事前にどのような行事がある、ということは知らせません。

なので、この日に「りんごろうそくが行われる」ということも、次女は知りません。

しかし、息子がりんごろうそくをやったことで、

「そろそろ学園でもやるのでは・・・?」

と感じているようでした。

 

そして当日。

この日は学童保育もお休みなので、子どもたちは一度家に帰り、夕方にまた再登校します。

子どもたちも、夕方のいつもと雰囲気も違った学校というのはワクワクするようで、テンションが高いです(;´▽`A“

暗闇を体感するため、子そもたちは暗めの服を着て参加します。

夕暮れの暗い中、さらに部屋の中は真っ暗で、一本のろうそくだけが灯っています。

 

そして、静かにアドベントガーデンが行われました。

だんだんと明るくなっていく部屋は、本当にきれいで、不思議な感覚になります。

 

次女のリンゴろうそくをみて、長女はやはり

「私もやりた~い!!」

といいだす始末。

長女は夢見る少女なので、こういったイベントが大好き。

やりたいだろうなぁ・・・と思った私は、帰ってからアドベントガーデンに似せて、渦を作り、長女のためのリンゴろうそくをやりました。

部屋の中を真っ暗にして、ろうそくを置くだけなのですが、やっぱり家の中だとろうそくを倒しやしないかとヒヤヒヤでした・・・(;´Д`)

それでも、子どものうれしそうな顔を見たら、よかった~と思ってしまうのが親心ですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

no image

寒さ対策を拒んだ長男。身をもって体験したその結果

この日は寒さが身に染みるほど、風も空気も冷たい朝でした。 子どもたちと学校、幼稚園へ出かける準

記事を読む

【散り椿】の感想

映画「散り椿」を見てきました!! この映画を見るために、三人の子どもは旦那に任せて、思いっきり

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

2歳11か月!母の気持ちが伝わった

上の子二人がお父さんと一緒に床屋さんへ出かけたので、末っ子長男といっしょに買い物 へ行くことにしま

記事を読む

言い間違い 

3歳になった末の息子は二人の姉の言葉をどんどん覚えています。聞いていて面白かった言葉がいくつかあった

記事を読む

家庭でできるシュタイナー的暮らし

シュタイナー教育といっても実際に何をどうやったらいいの?と思う方も多いはず。 そこで、家庭でも簡単に

記事を読む

蜜ろうキャンドルを手作り 甘い香りに包まれる癒しの時間

蜜ろうキャンドルの明るさを知っていますか? 市販のろうそくの灯りとは明るさが全然違うんです!!

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

熱と下痢の症状が長い・・・子どもを病院へ連れていく目安は?

高熱と下痢!症状が出てからの子どもの様子 末っ子長男が熱をだしました・・・。 39℃まで上が

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑