*

次女のりんごろうそく 再び

公開日: : 子育て日記

     

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。

1,2年生のみのイベントなので、次女は2回目。

残念ながら3年生から転入した長女は、参加はできません。

しかしながら、姉妹ということもあって、見学をすることができました。

 

つい先週、末っ子長男の通う、シュタイナー幼稚園でりんごそうそくが行われましたが、このときは親のみの見学で、姉妹の参加はできませんでした。

息子は、はじめてのりんごろうそくを体験して、なにやら誇らしげな様子で、

「ぼく、りんごろうそくやったことある」

といってました。

 

基本的に、子どもたちに事前にどのような行事がある、ということは知らせません。

なので、この日に「りんごろうそくが行われる」ということも、次女は知りません。

しかし、息子がりんごろうそくをやったことで、

「そろそろ学園でもやるのでは・・・?」

と感じているようでした。

 

そして当日。

この日は学童保育もお休みなので、子どもたちは一度家に帰り、夕方にまた再登校します。

子どもたちも、夕方のいつもと雰囲気も違った学校というのはワクワクするようで、テンションが高いです(;´▽`A“

暗闇を体感するため、子そもたちは暗めの服を着て参加します。

夕暮れの暗い中、さらに部屋の中は真っ暗で、一本のろうそくだけが灯っています。

 

そして、静かにアドベントガーデンが行われました。

だんだんと明るくなっていく部屋は、本当にきれいで、不思議な感覚になります。

 

次女のリンゴろうそくをみて、長女はやはり

「私もやりた~い!!」

といいだす始末。

長女は夢見る少女なので、こういったイベントが大好き。

やりたいだろうなぁ・・・と思った私は、帰ってからアドベントガーデンに似せて、渦を作り、長女のためのリンゴろうそくをやりました。

部屋の中を真っ暗にして、ろうそくを置くだけなのですが、やっぱり家の中だとろうそくを倒しやしないかとヒヤヒヤでした・・・(;´Д`)

それでも、子どものうれしそうな顔を見たら、よかった~と思ってしまうのが親心ですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。 そのときに気になった「文字のきれいさ」につ

記事を読む

オランダとスペイン出張

旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき たそうです。海外は行く

記事を読む

幼稚園のオープンディ

シュタイナー幼稚園に入って初の大仕事!? 昨年度は参加する側だった幼稚園のオープンディ。 今年は

記事を読む

9歳になった次女

次女はいくつになっても親の視点から見ると、かわいい次女。 でも、ちゃんと歳を増やしているんです

記事を読む

no image

こどもの遊びとテレビゲーム

甥っ子があそびに来てくれました(^^♪が・・・・・・   最近の子どもは本当に

記事を読む

子どもの成長発見!月例祭という発表の場

初めての学校で初めての月例祭というものを体験してきました。 月例祭とは。。。発表会みたいなものだそう

記事を読む

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、と

記事を読む

バレンタインデー 

2月14日はバレンタインデーでしたね。特に子どもたちに教えたわけではないけれど、年頃になるといろい

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

no image

3年生劇の発表

つい先日、3年生の長女のクラスで音楽劇の発表がありました。長女は劇が好き?なようで幼稚園の頃から舞台

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑