Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

次女のりんごろうそく 再び

公開日: : 子育て日記

     

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。

1,2年生のみのイベントなので、次女は2回目。

残念ながら3年生から転入した長女は、参加はできません。

しかしながら、姉妹ということもあって、見学をすることができました。

 

つい先週、末っ子長男の通う、シュタイナー幼稚園でりんごそうそくが行われましたが、このときは親のみの見学で、姉妹の参加はできませんでした。

息子は、はじめてのりんごろうそくを体験して、なにやら誇らしげな様子で、

「ぼく、りんごろうそくやったことある」

といってました。

 

基本的に、子どもたちに事前にどのような行事がある、ということは知らせません。

なので、この日に「りんごろうそくが行われる」ということも、次女は知りません。

しかし、息子がりんごろうそくをやったことで、

「そろそろ学園でもやるのでは・・・?」

と感じているようでした。

 

そして当日。

この日は学童保育もお休みなので、子どもたちは一度家に帰り、夕方にまた再登校します。

子どもたちも、夕方のいつもと雰囲気も違った学校というのはワクワクするようで、テンションが高いです(;´▽`A“

暗闇を体感するため、子そもたちは暗めの服を着て参加します。

夕暮れの暗い中、さらに部屋の中は真っ暗で、一本のろうそくだけが灯っています。

 

そして、静かにアドベントガーデンが行われました。

だんだんと明るくなっていく部屋は、本当にきれいで、不思議な感覚になります。

 

次女のリンゴろうそくをみて、長女はやはり

「私もやりた~い!!」

といいだす始末。

長女は夢見る少女なので、こういったイベントが大好き。

やりたいだろうなぁ・・・と思った私は、帰ってからアドベントガーデンに似せて、渦を作り、長女のためのリンゴろうそくをやりました。

部屋の中を真っ暗にして、ろうそくを置くだけなのですが、やっぱり家の中だとろうそくを倒しやしないかとヒヤヒヤでした・・・(;´Д`)

それでも、子どものうれしそうな顔を見たら、よかった~と思ってしまうのが親心ですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

涙の登園

末っ子長男が幼稚園に通い始めて、はや1か月。 当初は泣いていた幼稚園も、数日ですんなり行くようにな

記事を読む

子どもを取り巻く遊び

学童保育の補助に行ってきました。今回は末っ子2歳児も一緒にお手伝い??で 参加しました。小学生の女

記事を読む

幼稚園選び シュタイナーの子育てとの出会い

我が家の末っ子は来年幼稚園入園予定。なので、今年は幼稚園選びの年です。長女の 時は幼稚園を数件回っ

記事を読む

幼稚園で行う 秋のお楽しみ収穫祭

10月の最後の週、シュタイナー幼稚園では「収穫祭」というものを行います。 秋の実りをみんなで楽

記事を読む

2年目のマルティン祭

今年は2年生ということもあり、去年と比べると成長した姿の次女がみられたマルティン祭でした。 一

記事を読む

ぶどうとコガネムシ

たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。 でもよくよく見てみると、かなりの葉

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

いやいや期

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。 といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけの

記事を読む

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑