*

アドベントガーデンりんごろうそく

公開日: : 最終更新日:2018/12/05 子育て日記, シュタイナー教育

     

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。

今年は、はじめての幼稚園で「りんごろうそく」に参加してきました。

 

りんごろうそくとは?

11月30日、息子の通う幼稚園で「りんごろうそく」が行われました。

「りんごろうそく」はドイツ語ではAdventgarten(アドヴェントガーデン)といいますが、直訳すると「待降節の庭」。

そのため、この祭りのために部屋の中に庭を造ります。

参照:トライアングルダイアリー

モミの木の枝を、時計回りに中心に向かって入っていく渦巻の形に並べます。

この方向は上昇していく力を持っており、渦巻きを回って入っていくときにはモミの木にまるで登っていくように感じることができます。

子どもたちはこの渦の中心に向かって歩いていき、中心にあるろうそくの火(天の火)を、自分のりんごろうそくに灯していきます。

 

渦の途中に星がおいてあり、子どもたちの灯したりんごろうそくは星の輝きとなります。

渦巻状に天から降りてきた天の火が次第に大きな円となって、「待降節の庭」に広がります。

つまり地上に降りてしまうことを意味します。

 

りんごろうそくの意味としては、ろうそくの火を子どもの心の火にかえてあげること。それがとても大切になります。

目に見えるろうそくの火が、目に見えないけれど、より輝く子どもの心の光に変わる瞬間です

暗い闇の中、静けさの中で行われるこの行事は子どもたちの心に響くものがあるのでしょうね。

 

この行事は、古代ゲルマン民族の冬の祭りをシュタイナーが現代風にアレンジしたものだそう。

シュタイナーは季節の行事をとても大切にしており、春・夏・秋・冬と行事が行われます。

リンゴろうそくは、太陽の力がもっとも衰えて、暗い夜が最も長い冬至から、次第に夜は短くなり、陽の光が徐々に増していく頃の季節の祭りです。

大切なことを人間が意識するための行事で、この時期に行われる大切な行事の一つです。

 

この日のために子どもたちはりんごを磨き、ろうそく作りを行うそうです。

りんごの芯をくり抜き、そこに蜜蝋ろうそくをさします。

蜜蝋ろうそくのまわりにモミの葉をそえて「りんごろうそく」の完成。

このりんごろうそくは、子ども一人ひとりの心の光のように灯してくれます。

 

はじめてりんごろうそくを体験する息子は、うす暗くなった幼稚園へむかうのも、なんだかウキウキした様子。

いつもと違う雰囲気の部屋ですが、だれも泣いたり騒いだりすることなく、静かに座って先生のお話に耳をかたむけていました。

 

ひとりずつ名前を呼ばれて、渡されたりんごろうそくを持ってモミの木の渦の中を1人で歩いていく子どもたち。

なんとも頼もしい姿。

 

今回は保護者も参加させてもらい、子どものようにドキドキしながらりんごろうそくを持って、渦の中へ。

とても神聖な場所にいる気持ちになり、ろうそくの灯りがとても心地よかったのを覚えています。

 

ほんの30分程度の行事でしたが、息子は

「楽しかった!」

と満ち足りた様子で、早く姉たちに話したくて仕方がないようでした( ´∀` )

 

クリスマスアドベントの意味

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

夏のさんぽ 虫の抜け殻ってこんなにあるの??

残暑もまだ厳しく、外あそびが体にこたえます。 それでも、子どもは外へとびだして遊びに向かいます

記事を読む

家庭でできるシュタイナー的暮らし

「規則正しい生活は大切」とはいいますが、いつ頃から整えたらいいのでしょう。 小さい赤ちゃんは夜

記事を読む

節分の豆まき

今年は節分が土曜日ということだったので、学校で豆まきはやらずに作ったお面と豆をもって帰ってきました。

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

夏風邪ひきました・・・

今日は久しぶりに、中学の同級生と遊ぶ約束をしていました。何年ぶりかしらぁ(^^♪ にもかかわらず、子

記事を読む

涙の登園

末っ子長男が幼稚園に通い始めて、はや1か月。 当初は泣いていた幼稚園も、数日ですんなり行くようにな

記事を読む

夏休み宿題

甘やかし?小学生の夏休みの宿題の意味ってなんですか?

ニュースを見ていてふと目に止まった「宿題代行」という文字。 これはいったいなに事??と思っ

記事を読む

残念だったりんごろうそく

12月になるといよいよアドヴェントの季節です。 今年は1日が第一アドヴェントだったので、なんだ

記事を読む

次女のりんごろうそく 再び

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。 1,2年生のみのイベ

記事を読む

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、と

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑