Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

アドベントガーデンりんごろうそく

公開日: : 最終更新日:2018/12/05 子育て日記, シュタイナー教育

     

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。

今年は、はじめての幼稚園で「りんごろうそく」に参加してきました。

 

りんごろうそくとは?

11月30日、息子の通う幼稚園で「りんごろうそく」が行われました。

「りんごろうそく」はドイツ語ではAdventgarten(アドヴェントガーデン)といいますが、直訳すると「待降節の庭」。

そのため、この祭りのために部屋の中に庭を造ります。

参照:トライアングルダイアリー

モミの木の枝を、時計回りに中心に向かって入っていく渦巻の形に並べます。

この方向は上昇していく力を持っており、渦巻きを回って入っていくときにはモミの木にまるで登っていくように感じることができます。

子どもたちはこの渦の中心に向かって歩いていき、中心にあるろうそくの火(天の火)を、自分のりんごろうそくに灯していきます。

 

渦の途中に星がおいてあり、子どもたちの灯したりんごろうそくは星の輝きとなります。

渦巻状に天から降りてきた天の火が次第に大きな円となって、「待降節の庭」に広がります。

つまり地上に降りてしまうことを意味します。

 

りんごろうそくの意味としては、ろうそくの火を子どもの心の火にかえてあげること。それがとても大切になります。

目に見えるろうそくの火が、目に見えないけれど、より輝く子どもの心の光に変わる瞬間です

暗い闇の中、静けさの中で行われるこの行事は子どもたちの心に響くものがあるのでしょうね。

 

この行事は、古代ゲルマン民族の冬の祭りをシュタイナーが現代風にアレンジしたものだそう。

シュタイナーは季節の行事をとても大切にしており、春・夏・秋・冬と行事が行われます。

リンゴろうそくは、太陽の力がもっとも衰えて、暗い夜が最も長い冬至から、次第に夜は短くなり、陽の光が徐々に増していく頃の季節の祭りです。

大切なことを人間が意識するための行事で、この時期に行われる大切な行事の一つです。

 

この日のために子どもたちはりんごを磨き、ろうそく作りを行うそうです。

りんごの芯をくり抜き、そこに蜜蝋ろうそくをさします。

蜜蝋ろうそくのまわりにモミの葉をそえて「りんごろうそく」の完成。

このりんごろうそくは、子ども一人ひとりの心の光のように灯してくれます。

 

はじめてりんごろうそくを体験する息子は、うす暗くなった幼稚園へむかうのも、なんだかウキウキした様子。

いつもと違う雰囲気の部屋ですが、だれも泣いたり騒いだりすることなく、静かに座って先生のお話に耳をかたむけていました。

 

ひとりずつ名前を呼ばれて、渡されたりんごろうそくを持ってモミの木の渦の中を1人で歩いていく子どもたち。

なんとも頼もしい姿。

 

今回は保護者も参加させてもらい、子どものようにドキドキしながらりんごろうそくを持って、渦の中へ。

とても神聖な場所にいる気持ちになり、ろうそくの灯りがとても心地よかったのを覚えています。

 

ほんの30分程度の行事でしたが、息子は

「楽しかった!」

と満ち足りた様子で、早く姉たちに話したくて仕方がないようでした( ´∀` )

 

クリスマスアドベントの意味

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

はじめての幼稚園。子どもの心親知らず?

末っ子の幼稚園が始まり、二日目の朝。 息子は朝になって出かけるときになると、 「ママと一緒にお部屋に

記事を読む

性教育と家庭の役割

小学生の性教育について親としてどのくらいかかわる必要があるのか? 自分自身、性教育は学校で習っ

記事を読む

【散り椿】の感想

映画「散り椿」を見てきました!! この映画を見るために、三人の子どもは旦那に任せて、思いっきり

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

不思議実験!つかめる水?

以前やっていた通信教育の特典で、好きなおもちゃがもらえるということで、今回 子どもたちが選んだのが

記事を読む

子育てと大人のお稽古

約二か月ぶりに合気道の稽古に行ってきました。 残念ながら??先生はお休みでしたが、久しぶりにいい汗

記事を読む

no image

縦割り保育のありがたさ

幼稚園三日目は雨が降っていました。 合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、 「ぬれち

記事を読む

ドイツの幼児教育

ドイツの始まり 子どもへのまなざし ドイツが誕生するまでは、20数カ国の小さな国の集まりでした。

記事を読む

オランダとスペイン出張

旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき たそうです。海外は行く

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑