*

日野原重明さんの生きること

公開日: : 子育て日記

     

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。
特別思い入れがあったわけではありませんが、私の母や姉がよく本を読んでいたり
話を聞いたりしていたので「現役ですごいお医者さんがいるんだなぁ」くらいに
思っていました。でも日野原さんの残した言葉の数々は私の心のどこかにいつも
残っていたりします。

日野原さんはただ病気を治す医者ではなく、生きることの意味を語る医者だった
ように思います。日野原さんの残した言葉の数々は、これからもたくさんの人の
心に残るだろうし、きっとたくさんの人を救うことでしょう。
「生きる」「愛すること」「心を与える」「生きがい」日野原さんの発信するほん
の少しの言葉でも目に留まるし、気になってしまう。
言葉とは不思議なもので人をあっという間に支配してしまいます。
ネガティブな言葉は本当に人を悪い方向にこそもっていけるが、良い方向になんて
持っていってはくれない。
だからこそ、よい言葉を求めてしまうのだろうか。
日野原さんの言葉には癒しの力があるような気がしてならない。
105歳という長い年月を、どのような思いで見つめてこられたのだろうか。
まだ半世紀も生きていない私には未知の世界だが、未来をもっと素敵なものにしていく
努力はしていきたいと思いました。
子どもたちの未来を今よりももっといいものにするために。。。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

関連記事

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

「かわいい子には旅をさせろ」初めての新幹線の旅

『 かわいいこにはたびをさせよ』ということわざがありますが、皆さんはどう思いますか? 意味は、我が

記事を読む

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

子どもの気持ちと親の言葉

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。 ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかっ

記事を読む

調べたことを整理して発表する4年生の授業

4年生の長女にでた冬休みの宿題がありました。 その内容は 「自分の好きな動物を選んで、そ

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

親の中のミカエルの剣

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が しています。子どもたちが学

記事を読む

第二アドベント ライアーの演奏

第二アドヴェントとなる12月の2週目。 わが家でもクランツに二本目のろうそくに火が灯りました。

記事を読む

ネコ好きにはたまらない!?猫のすがた

わが家のネコ「おと」は、もともと野良猫だったこともあり、家族以外にはほとんど姿を見せません。

記事を読む

9歳になった次女

次女はいくつになっても親の視点から見ると、かわいい次女。 でも、ちゃんと歳を増やしているんです

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑