*

日野原重明さんの生きること

公開日: : 子育て日記

     

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。
特別思い入れがあったわけではありませんが、私の母や姉がよく本を読んでいたり
話を聞いたりしていたので「現役ですごいお医者さんがいるんだなぁ」くらいに
思っていました。でも日野原さんの残した言葉の数々は私の心のどこかにいつも
残っていたりします。

日野原さんはただ病気を治す医者ではなく、生きることの意味を語る医者だった
ように思います。日野原さんの残した言葉の数々は、これからもたくさんの人の
心に残るだろうし、きっとたくさんの人を救うことでしょう。
「生きる」「愛すること」「心を与える」「生きがい」日野原さんの発信するほん
の少しの言葉でも目に留まるし、気になってしまう。
言葉とは不思議なもので人をあっという間に支配してしまいます。
ネガティブな言葉は本当に人を悪い方向にこそもっていけるが、良い方向になんて
持っていってはくれない。
だからこそ、よい言葉を求めてしまうのだろうか。
日野原さんの言葉には癒しの力があるような気がしてならない。
105歳という長い年月を、どのような思いで見つめてこられたのだろうか。
まだ半世紀も生きていない私には未知の世界だが、未来をもっと素敵なものにしていく
努力はしていきたいと思いました。
子どもたちの未来を今よりももっといいものにするために。。。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

関連記事

シュタイナー教育の発表会

各学期の終わりを迎えるとき、シュタイナー学園では終業式ではなく月例祭というものが行われます。

記事を読む

家庭でできるシュタイナー的暮らし

シュタイナー教育といっても実際に何をどうやったらいいの?と思う方も多いはず。 そこで、家庭でも簡単に

記事を読む

【浜松市】無料で子どもと遊べる川遊びスポット

浜松の無料で楽しめる川遊びスポットを探しに行ってきました。 わが家の子どもたち(10歳

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

2年目のマルティン祭

今年は2年生ということもあり、去年と比べると成長した姿の次女がみられたマルティン祭でした。 一

記事を読む

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

世代間ギャップ

わが家は子どもたちにシュタイナー教育を受けさせるために、同居暮らしを始めました。基本、シュタイナー教

記事を読む

手作りおもちゃで癒しの時間

久しぶりに末っ子長男の就園前の親子教室へ行ってきました。3人目の末っ子には シュタイナー幼稚園に通わ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑