*

不思議実験!つかめる水?

公開日: : 子育て日記

     


以前やっていた通信教育の特典で、好きなおもちゃがもらえるということで、今回
子どもたちが選んだのが「水がつかめる!不思議実験セット」というものでした。
セットが届くと長女、次女は早速実験開始!一応説明書が読める3年生の長女が取り
仕切ってやっていましたが、どうやらうまくいかない模様・・・。
最終的には「できない~!!手伝って」と言ってきたので、一緒にやってみることに。
まず、なぜできないのか?
というところで水の分量は正しく入れたのか、粉の分量を間違えてはいないか?と
確認。すると長女は1カップが200㏄ということを知らずに、とりあえず4杯入れた
とのこと・・・・(-_-;)まずは正しい分量でやることの大切さを伝えました。。。
この実験キットは『アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムで水がゲル状になる』
というもの。アルギン酸ナトリウムをぬるま湯とよく混ぜて、それをプラカップに
いれて形をつくる。それを乳酸カルシウムを入れた水の中にゆっくり入れていく。
簡単そうなのだが、これが結構形が崩れてしまったりしてなかなか難しい。
子どもは早く触りたくて途中で取り上げてしまったり、何度も触っているうちに
破けてしまったり。。。失敗しながらも何度も作っている長女と「作って」とみて
いる次女。夢中になってやっている長女も途中で手を出されると幼稚園児のように
「わぁぁぁ!!!!」と大きな声をだして相手を威嚇していた・・(◎_◎;)
そんなに大声を出さなくてもちゃんと伝えられるということを早く知ってほしいと
思った一面です・・。次女もそんな姉をよくわかっている?のか少しづつ距離を
とるようにしているようだ。2歳違いの同性姉妹って仲がいいんだか悪いんだか
、母としていろいろ考えてしまいます💦
できあがった水玉?はきれいなようで気持ち悪かったり、なんとも不思議な感触
でした(;^_^A
今回使ったキットのアルギン酸ナトリウムとは、昆布やワカメなど海藻類に含まれる
天然の食物繊維であり、乳酸カルシウムはトウモロコシから採った糖を乳酸菌で発酵
させ、カルシウムを加えたもの。つまり、どちらも食物由来の化合物ということで、
万が一口に入れても無害で安全なもの。3歳児のいる我が家でも取り扱いやすいもの
だったのでそれなりにみんなであそぶことができました。
なにはともあれケンカしながらも実験は楽しかったようですが、出来上がった水玉?
を持ち歩いて、床をぬらして怒られるという最後でした。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

バレンタインデー 

2月14日はバレンタインデーでしたね。特に子どもたちに教えたわけではないけれど、年頃になるといろい

記事を読む

夏のさんぽ 虫の抜け殻ってこんなにあるの??

残暑もまだ厳しく、外あそびが体にこたえます。 それでも、子どもは外へとびだして遊びに向かいます

記事を読む

9歳ってむずかしい!

長女が9歳の危機を迎える・・・・3年生になるとちらほら「子どもが変わった!」「大人になった」など耳に

記事を読む

松岡修造の言葉

「心の背筋を伸ばせ!」いったい何のこと??と一瞬考える・・・。毎日なんとなく 疲れた日が続いていた

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

子どもたちの短冊

今年の七夕は、梅雨らしい梅雨空のおかげで星空を楽しむことができませんでした。 それでも、子ども

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

祭りと花火

近所で浴衣を着ている子が多かったので、何かあるのかと聞いてみると、近くでお祭 りがあるとのことでした

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑