*

不思議実験!つかめる水?

公開日: : 子育て日記

     


以前やっていた通信教育の特典で、好きなおもちゃがもらえるということで、今回
子どもたちが選んだのが「水がつかめる!不思議実験セット」というものでした。
セットが届くと長女、次女は早速実験開始!一応説明書が読める3年生の長女が取り
仕切ってやっていましたが、どうやらうまくいかない模様・・・。
最終的には「できない~!!手伝って」と言ってきたので、一緒にやってみることに。
まず、なぜできないのか?
というところで水の分量は正しく入れたのか、粉の分量を間違えてはいないか?と
確認。すると長女は1カップが200㏄ということを知らずに、とりあえず4杯入れた
とのこと・・・・(-_-;)まずは正しい分量でやることの大切さを伝えました。。。
この実験キットは『アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムで水がゲル状になる』
というもの。アルギン酸ナトリウムをぬるま湯とよく混ぜて、それをプラカップに
いれて形をつくる。それを乳酸カルシウムを入れた水の中にゆっくり入れていく。
簡単そうなのだが、これが結構形が崩れてしまったりしてなかなか難しい。
子どもは早く触りたくて途中で取り上げてしまったり、何度も触っているうちに
破けてしまったり。。。失敗しながらも何度も作っている長女と「作って」とみて
いる次女。夢中になってやっている長女も途中で手を出されると幼稚園児のように
「わぁぁぁ!!!!」と大きな声をだして相手を威嚇していた・・(◎_◎;)
そんなに大声を出さなくてもちゃんと伝えられるということを早く知ってほしいと
思った一面です・・。次女もそんな姉をよくわかっている?のか少しづつ距離を
とるようにしているようだ。2歳違いの同性姉妹って仲がいいんだか悪いんだか
、母としていろいろ考えてしまいます💦
できあがった水玉?はきれいなようで気持ち悪かったり、なんとも不思議な感触
でした(;^_^A
今回使ったキットのアルギン酸ナトリウムとは、昆布やワカメなど海藻類に含まれる
天然の食物繊維であり、乳酸カルシウムはトウモロコシから採った糖を乳酸菌で発酵
させ、カルシウムを加えたもの。つまり、どちらも食物由来の化合物ということで、
万が一口に入れても無害で安全なもの。3歳児のいる我が家でも取り扱いやすいもの
だったのでそれなりにみんなであそぶことができました。
なにはともあれケンカしながらも実験は楽しかったようですが、出来上がった水玉?
を持ち歩いて、床をぬらして怒られるという最後でした。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

涙の登園

末っ子長男が幼稚園に通い始めて、はや1か月。 当初は泣いていた幼稚園も、数日ですんなり行くようにな

記事を読む

9歳ってむずかしい!

長女が9歳の危機を迎える・・・・3年生になるとちらほら「子どもが変わった!」「大人になった」など耳に

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

始まりの9月

なが~~~い夏休みもようやく終わり、9月1日から学校が始まりました!! 休みはうれしいけれど、やは

記事を読む

いやいや期

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。 といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけの

記事を読む

蜜ろうキャンドルを手作り 甘い香りに包まれる癒しの時間

蜜ろうキャンドルの明るさを知っていますか? 市販のろうそくの灯りとは明るさが全然違うんです!!

記事を読む

世代間ギャップ

わが家は子どもたちにシュタイナー教育を受けさせるために、同居暮らしを始めました。基本、シュタイナー教

記事を読む

2歳11か月!母の気持ちが伝わった

上の子二人がお父さんと一緒に床屋さんへ出かけたので、末っ子長男といっしょに買い物 へ行くことにしま

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

小國神社へ初詣

わが家は毎年、3日か4日に初詣へ出かけています。 今年は、元旦早々に長女が嘔吐したため、少しゆ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑