*

3年生 家づくり開始 

公開日: : 子育て日記

     

 

シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。
自我が芽生え、「自分」と「他者」を分離したものとして意識し始めるため、世界か
ら切り離された孤独と不安を感じます。人間が世界とつながる営みとしての原初的な
仕事(家づくり、畑仕事、職人の仕事)を実際に体験することを通して、地に足をつ
けて生きていくことの喜びを学ぶとき。それが3年生。(9歳)
そして、今回そんな長女のクラスでいよいよ家づくりが始まりました。2学期は稲の
収穫、家づくりと学園の外での活動が多くあるようです。前回、家づくりの材料とな
る竹を取りに山へ行ってお手伝いをしてきましたが、今回は家造り!と言えば!!
「地鎮祭」ですよね。ちゃんと学園でも行っていました( ´艸`)
地鎮祭といっても先生流のものですが、家が無事に建ちますように・・という思いが
伝わってきましたね。先生の言うことばを子どもたちも一緒に復唱して、、、よく聞い
ていないと言えないのですが、子どもたちは集中して先生の話を聞いているので、見て
いて立派だなぁとしみじみ思いました。あとはひたすら柱を立てる穴を掘る!!みたい
な・・(;^_^A でも子どもたちは生き生きしてる感じでしたね。
なんでもあるのが当たり前・・な時代。生きるために必要なことを学ぶ機会が減って
きてしまっているように感じる今の時代。強いられる学びではなく、自ら得ていく
学びであってほしいと思った今回の授業でした。
 

スポンサーリンク

 

関連記事

寒い日の部屋遊び カプラを楽しむ

今朝は思った以上に寒くて、なかなか布団から出られませんでした。 日の出の時間も遅くなってきてい

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

2年生 掛け算の覚え方

掛け算で思い出すのは、長女の2年生だったころの勉強。 あの頃は公立の小学校へ通っていた時で、掛

記事を読む

no image

外国の子どもとうちの子どもたち

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものも

記事を読む

言葉の力

長女の反抗期が出てきたのか??この頃兄弟喧嘩がとても多くなってきました。 きつい言葉を言われて、私に

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

こわい・・・子どもと祖父母での旅行

この土日は親せきが集まってお墓参りに行くというので、我が家は、私が用事があって 参加できなかったの

記事を読む

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

ヒメツルソバ

2か月ぶりに自分の家に帰ってきました。2か月離れているとだいぶ懐かしさが こみあげてくる(*^▽^*

記事を読む

夏休み宿題

夏休みの宿題 子どものやる気をひきだす量ってどのくらい?シュタイナー教育の宿題量は・・・

学校も夏休みに入り子どもたちは宿題を持って帰ってきました。 4年生の長女は 「さ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑