*

3年生 家づくり開始 

公開日: : 子育て日記

     

 

シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。
自我が芽生え、「自分」と「他者」を分離したものとして意識し始めるため、世界か
ら切り離された孤独と不安を感じます。人間が世界とつながる営みとしての原初的な
仕事(家づくり、畑仕事、職人の仕事)を実際に体験することを通して、地に足をつ
けて生きていくことの喜びを学ぶとき。それが3年生。(9歳)
そして、今回そんな長女のクラスでいよいよ家づくりが始まりました。2学期は稲の
収穫、家づくりと学園の外での活動が多くあるようです。前回、家づくりの材料とな
る竹を取りに山へ行ってお手伝いをしてきましたが、今回は家造り!と言えば!!
「地鎮祭」ですよね。ちゃんと学園でも行っていました( ´艸`)
地鎮祭といっても先生流のものですが、家が無事に建ちますように・・という思いが
伝わってきましたね。先生の言うことばを子どもたちも一緒に復唱して、、、よく聞い
ていないと言えないのですが、子どもたちは集中して先生の話を聞いているので、見て
いて立派だなぁとしみじみ思いました。あとはひたすら柱を立てる穴を掘る!!みたい
な・・(;^_^A でも子どもたちは生き生きしてる感じでしたね。
なんでもあるのが当たり前・・な時代。生きるために必要なことを学ぶ機会が減って
きてしまっているように感じる今の時代。強いられる学びではなく、自ら得ていく
学びであってほしいと思った今回の授業でした。
 

スポンサーリンク

 

関連記事

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

no image

寒さ対策を拒んだ長男。身をもって体験したその結果

この日は寒さが身に染みるほど、風も空気も冷たい朝でした。 子どもたちと学校、幼稚園へ出かける準

記事を読む

不思議実験!つかめる水?

以前やっていた通信教育の特典で、好きなおもちゃがもらえるということで、今回 子どもたちが選んだのが

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

調べたことを整理して発表する4年生の授業

4年生の長女にでた冬休みの宿題がありました。 その内容は 「自分の好きな動物を選んで、そ

記事を読む

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。 そのときに気になった「文字のきれいさ」につ

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑