Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

親の中のミカエルの剣

公開日: : 子育て日記

     

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が
しています。子どもたちが学校から帰ってくると、疲れのせいか?甘えた声をだし
てぐずってみたり、ひたすら好きな本を読みだしたり、「一緒にあそぼう」と
言ってきたり。。。
子どもが3人いればそれぞれが違ったアピールをしてくるのですが、そういったことに
対して、今までは「忙しいから後にして!」とよく言っていたと思います。。。
でも、最近では「何かあったのかな?」と気持ちを子どもに向けられるようになって
きたような( ^ω^)・・・。
子どものすることは何でも意味があることで、それをどう伝えていいのかわからない
のだと思います。保育園で働いていた頃は、「この子はどんなきもちかな?」
なんてよく気にしていたはずなのに、自分の子どもとなると、なぜか気が回らない
・・(-_-;)そんな日々でした。
子どもたちが通っているシュタイナー学園では、私自身が習ったことのない未知の
世界。だから子どもたちのやること、言うことがすごく気になるんです。ミカエルの
お話も、「自分の内なるものをみつめる時期」と聞いて、”自分の中にあるもの”に
気を向けたせいかもしれません。
今日は次女がやたらと、「ママぁ・・・。」と言ってはくねくねしていました。
いつもなら「シャキッとして!」と言ってしまいそうなところですが、「急に
寒くなったし、疲れちゃったかな?横になって休んでおいで」と言ったら意外と
素直に布団の中へ。1時間くらい寝た後はすっきりした顔で、起きてきました。
いつもは喧嘩ばかりの長女も、珍しく次女に上着を貸してあげたり、おんぶして
あげたり・・・。人にやさしくしている姿を見ると、なんだかほっこりうれしくな
りますね。子どもが泣いたり、怒ったりするのは、親の私が日ごろ感じていること
を代わりにやってくれている。そんな風に思ったら、子どもたちのやることなすこ
とが自分のことのように思えて、もっと自分を大切にしたいなと思えるようになり
ました。

スポンサーリンク

 

関連記事

学童保育のお手伝い

今日で一学期も終わり。長いようあっという間でした。。 そして一学期最後の大仕事??学童の補助に初めて

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

子どもの気持ちと親の言葉

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。 ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかっ

記事を読む

夏祭りで遭遇? ルパンレンジャーとパトレンジャー

ヤマハで夏祭りが行われるというので、家族みんなで行ってみました。 ヤマハジャンボリーは本社で広

記事を読む

ぶどうとコガネムシ

たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。 でもよくよく見てみると、かなりの葉

記事を読む

家庭でできるシュタイナー的暮らし

シュタイナー教育といっても実際に何をどうやったらいいの?と思う方も多いはず。 そこで、家庭でも簡単に

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られるこ

記事を読む

シュタイナーの誕生日の祝い方

  もうすぐ次女の8歳の誕生日。 シュタイナー教育では誕生日のときにみんなから祝ってもらう

記事を読む

松岡修造の言葉

「心の背筋を伸ばせ!」いったい何のこと??と一瞬考える・・・。毎日なんとなく 疲れた日が続いていた

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑