*

親の中のミカエルの剣

公開日: : 子育て日記

     

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が
しています。子どもたちが学校から帰ってくると、疲れのせいか?甘えた声をだし
てぐずってみたり、ひたすら好きな本を読みだしたり、「一緒にあそぼう」と
言ってきたり。。。
子どもが3人いればそれぞれが違ったアピールをしてくるのですが、そういったことに
対して、今までは「忙しいから後にして!」とよく言っていたと思います。。。
でも、最近では「何かあったのかな?」と気持ちを子どもに向けられるようになって
きたような( ^ω^)・・・。
子どものすることは何でも意味があることで、それをどう伝えていいのかわからない
のだと思います。保育園で働いていた頃は、「この子はどんなきもちかな?」
なんてよく気にしていたはずなのに、自分の子どもとなると、なぜか気が回らない
・・(-_-;)そんな日々でした。
子どもたちが通っているシュタイナー学園では、私自身が習ったことのない未知の
世界。だから子どもたちのやること、言うことがすごく気になるんです。ミカエルの
お話も、「自分の内なるものをみつめる時期」と聞いて、”自分の中にあるもの”に
気を向けたせいかもしれません。
今日は次女がやたらと、「ママぁ・・・。」と言ってはくねくねしていました。
いつもなら「シャキッとして!」と言ってしまいそうなところですが、「急に
寒くなったし、疲れちゃったかな?横になって休んでおいで」と言ったら意外と
素直に布団の中へ。1時間くらい寝た後はすっきりした顔で、起きてきました。
いつもは喧嘩ばかりの長女も、珍しく次女に上着を貸してあげたり、おんぶして
あげたり・・・。人にやさしくしている姿を見ると、なんだかほっこりうれしくな
りますね。子どもが泣いたり、怒ったりするのは、親の私が日ごろ感じていること
を代わりにやってくれている。そんな風に思ったら、子どもたちのやることなすこ
とが自分のことのように思えて、もっと自分を大切にしたいなと思えるようになり
ました。

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

残念だったりんごろうそく

12月になるといよいよアドヴェントの季節です。 今年は1日が第一アドヴェントだったので、なんだ

記事を読む

9歳ってむずかしい!

長女が9歳の危機を迎える・・・・3年生になるとちらほら「子どもが変わった!」「大人になった」など耳に

記事を読む

「かわいい子には旅をさせろ」初めての新幹線の旅

『 かわいいこにはたびをさせよ』ということわざがありますが、皆さんはどう思いますか? 意味は、我が

記事を読む

子どもの経験から得るもの

子どもたちが退屈そうにしているので、なにかおやつでも作ったら?? と声をかけたら、「やるー!!」と

記事を読む

すきなこととできること

家に帰ると、長女、次女が友だちと水彩をしていました。 絵を描くことが好きなのか、絵の具の色の混

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑