*

幼稚園選び シュタイナーの子育てとの出会い

公開日: : 子育て日記

     


我が家の末っ子は来年幼稚園入園予定。なので、今年は幼稚園選びの年です。長女の
時は幼稚園を数件回って、先生たちの話しかたや雰囲気で決めました(;^_^A 
次女は長女と2歳差なので、そのまま一緒の幼稚園に入園となりましたが、今年は
ちょっと状況が変わりました・・。
実は、長女が生まれてからいろんな育児雑誌を見ていましたが、その中で自分のやり
たい育児だ!!と思ったものがありました。それが『シュタイナー教育』。
_______
『シュタイナー教育』という呼び名は、その提案者である、哲学者、
ルドルフ・シュタイナーの名前からきています。
シュタイナーは自然科学、数学、哲学を学び、ゲーテの研究に取り組むようになり、
20世紀に入ると、これまでの成果を踏まえて、人智学(アントロポゾフィー)という
人間観、世界観を確立しました。その哲学は現在も教育だけでなく、農業、医学、薬学、
社会学、建築学、芸術、自然科学などあらゆる分野で実践されています。
宇宙があるから太陽や地球があり、植物が育ち、わたしたち人間も生きることができる
・・・人智学ではこの世界にあるすべてのものを関連づけます。そして、世界は目に見
えるもの、見えないものとで成り立っていると考えます。
目に見えないものとして、世界は「精神の世界」「物質の世界」「魂(こころ)の世界」
で成り立っていて、それぞれに法則があり、人間もその3つの世界に住んでいると考え
ます。この法則を見出したことが、人智学の大きな特徴です。
シュタイナー教育は「自由への教育」といわれています。それは、成人したときに、
しっかりとした自分をもち、社会やほかの人たちとよい関係をもち、その中で、何をす
べきか自分でしっかりと決めて、それを実際に責任をもって行える人を育てること。
これは一言でいうと、『するべきことを自分で見つけて、実行できる人に育てる』という
ことです。
そして、生まれた時点でひとはすでに「精神」的な部分で個性があると考えるのがシュタ
イナー教育の特徴。これはほかの教育にはない考え方ではないでしょうか。
一人ひとり子どもがまったく違う精神的な存在と考えるので、実際には、どんな子どもた
ちがクラスにいるのかを考えてやり方が変わります。例えば、絵を描く場合でも、課題を
与えて全員でいっせいに描くようなことはしないのです。
___________
本を読めば読むほど不思議な世界に引き込まれ、また共感し、体験してみたいと思うよ
うになりました。長女のときは県内に実践しているところが見つけられず、せめて少し
でもシュタイナー教育に触れたい!!という一心で、県外の実家まで行って、月に1回
のプレ保育に参加をさせていました。長女、次女とシュタイナー幼稚園に通わせること
は断念しましたが、今年はなんと、念願のシュタイナー教育を実践している幼稚園に通
わせることが出来そう!!そしてそのシュタイナー幼稚園の見学や通わせているお母さ
ん方の話を聞くと、シュタイナー幼稚園と言ってもやはり個々での特徴みたいなものが
あることがわかりました。(そりゃそうだ(;^_^A)
今回プレで参加させてもらっている幼稚園は、登園するとまず、おやつ作りから始まり
ます。といっても、まだ2歳の子どものできることなので、干しブドウをちぎったり、
お団子を丸めたり・・・ですが。そして、自由遊び。この時お母さんたちは手仕事と
いって、子どものかたわらで、縫い物をしたり、羊毛ボールを作ったり、ちょっとした
「仕事」をします。子どもが興味を持ったら一緒にやってもいいし、手仕事を止めて
子どものそばにいてもいい。そして、その後は出来上がったおやつをみんなでいただ
きます。先生も強制的にやらせようとすることもないので、泣いてできなくても不安
に感じることがないんです。実はシュタイナー幼稚園のほかのプレ保育も参加したこと
がありますが、工作や絵本鑑賞など、みんながやっているところに入りたがらないわが
子を何とかして入れてくれようとする先生や、入らなくてはいけないような雰囲気が
私はとても苦手でした。そうなると、「なんでほかの子が出来ているのにうちの子だけ
やらないの!?」とか「わざわざ来たのに、ずっと泣いてばかりで何もできなかった!!」
とか・・・子どもに対しての不満みたいなものが出てきちゃったりするんです。
子どもは生きたいように動いているだけなんですけどね(;^_^A なんか、大人のほうが、
周りにわが子を合わせなくちゃ!って必死になるんですよね。でもシュタイナー幼稚園
ではそれがなかった。子どもが好きなようにしていいから、怒る必要もない。
こんなに簡単なことなんだって気づかされました。
そんなシュタイナー幼稚園ですが、家庭とのつながりはかなり濃いものになるそうです。
子育てって子どもを取り巻く環境だから、幼稚園に預けたら「お願いします!!」って
わけにはいきませんよね(;^_^A なので保護者と先生のお話会みたいなものも結構ある
そう・・。さて、そんなシュタイナー幼稚園、わが子と私はどこが合っているか・・・。
決めるまではもう少し時間がかかりそうです。

スポンサーリンク

 

関連記事

幼稚園で行う 秋のお楽しみ収穫祭

10月の最後の週、シュタイナー幼稚園では「収穫祭」というものを行います。 秋の実りをみんなで楽

記事を読む

子どもの経験から得るもの

子どもたちが退屈そうにしているので、なにかおやつでも作ったら?? と声をかけたら、「やるー!!」と

記事を読む

いざ!シュタイナー学校へ転入!

わが家の長女は公立小学校へ2年生まで通いました。 長女は学校が嫌いになり、不登校まではいきませ

記事を読む

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

年中さんの遠足

息子が幼稚園に通い始めて2年目が始まりました。 早いものです・・・。 今日は春の遠足♪と

記事を読む

蜜ろうキャンドルを手作り 甘い香りに包まれる癒しの時間

蜜ろうキャンドルの明るさを知っていますか? 市販のろうそくの灯りとは明るさが全然違うんです!!

記事を読む

夏祭りで遭遇? ルパンレンジャーとパトレンジャー

ヤマハで夏祭りが行われるというので、家族みんなで行ってみました。 ヤマハジャンボリーは本社で広

記事を読む

2年目のマルティン祭

今年は2年生ということもあり、去年と比べると成長した姿の次女がみられたマルティン祭でした。 一

記事を読む

学童保育のお手伝い

今日で一学期も終わり。長いようあっという間でした。。 そして一学期最後の大仕事??学童の補助に初めて

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑