*

ぶどうとコガネムシ

公開日: : 子育て日記

     


たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。
でもよくよく見てみると、かなりの葉っぱが食べられているΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
犯人はそう。。コガネムシだ。ちょっと木をゆすってみると・・・ぽとぽとと
落ちる落ちる・・・。
朝方はコガネムシたちも寝ているのか、たくさん落っこちてくるんです。それを捕ま
えて虫かごの中へ。今日はなんと12匹捕獲しました!!(家庭で育てた葡萄として
は多いのか?少ないのか??)
そして、やばいと思ったやつはブーンと羽を広げて飛んでいく・・・。
薬剤散布には、マラソン乳剤というものが効果があるそうだけれど、ミツバチも駆除
してしまうとか。なので、なるべく薬は使いたくないので日々コガネムシと戦うことに。
コガネムシは、ありとあらゆる葉っぱを食い荒らしてしまうので、畑の野菜も樹木
でさえも食べてしまう。
そして、成虫を見たらすでに土の中に卵を産み付けられていると思っていい。
産み付けられた卵は、土の中で根を食害しながら翌年の春に成虫になって出てくる。
成虫の発見は幼虫に比べると容易だが、放っておくと葉を食い荒らされて植物が光合
成できなくなるまでになってしまう。
コガネムシは、ありとあらゆる植物に寄生する害虫なので、自分の畑だけ守ればいい
というわけにはいかない。
一度野菜にコガネムシがついてしまうと糞のにおいをかいでほかのコガネムシもやって
くるそうだ。となると、やはり日々捕獲作戦を実行するしかないのかぁ。( ;∀;)
いろいろ調べてみると、最近ではコガネムシを捕獲する装置?のようなものもある
みたい。設置してみる価値はあるかな!!??
今は娘たちが、せっせとコガネムシ捕獲作戦を実行してくれるので助かっている。
一人は木を揺らして、もう一人は捕獲or踏みつぶすΣ(゚Д゚;
見ていると何とも言えない気持ちになるけれど・・・。
そういえばバラも元気がなかったが、もしかして地中にコガネムシの幼虫がたくさん
いたのかしら?幼虫となると土を掘り返さないといけないので見つけるのが難しい。。
畑は肥料をやったり、耕したりするのでコガネムシの幼虫も発見しやすいけれど、
樹木などの掘り返さないところはどうにもならない気がする。
植木鉢ではマルチングできるが、地植えでも予防できるのかしら?
どの程度効果があるのだろうか??
夏なのに丸裸になってしまったかわいそうなバラ( ;∀;)
どうして手を加えて、かわいがるとうまくいかないのだろう。
これって子育てにも通じるものがあるかも??!!なんて考えてみたり・・・。
自然のものだからほどほどにしたほうが生きる力が働いたりするのかなぁと思うの
でした。

スポンサーリンク

 

関連記事

口コミで選ぶ?幼稚園の選び方

わが家の末っ子の通っているシュタイナー幼稚園では、慣らし保育を一人で短い時間通う、というものでした

記事を読む

雨の日の遊び

                   10月の雨はすっかり冷たく、身に応えるほどの寒さですね。 そん

記事を読む

性教育と家庭の役割

小学生の性教育について親としてどのくらいかかわる必要があるのか? 自分自身、性教育は学校で習っ

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

長い休日

9月に入ってから、急激に気温が下がり涼しくなりましたね。 今日は朝から雨が降り、一段と気温が下がっ

記事を読む

2年生 掛け算の覚え方

掛け算で思い出すのは、長女の2年生だったころの勉強。 あの頃は公立の小学校へ通っていた時で、掛

記事を読む

末っ子の「なんで?」攻撃?

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが 好き。大

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

シュタイナー教育の発表会

各学期の終わりを迎えるとき、シュタイナー学園では終業式ではなく月例祭というものが行われます。

記事を読む

子どもの遊びと習い事

10月中旬になり、ようやく秋らしい気温になりました。(最高気温が19℃くらい) つい先週までは

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑