Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

ぶどうとコガネムシ

公開日: : 子育て日記

     


たわわに実った葡萄たち。今年は房の数が多くて棚もとても重そう。
でもよくよく見てみると、かなりの葉っぱが食べられているΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
犯人はそう。。コガネムシだ。ちょっと木をゆすってみると・・・ぽとぽとと
落ちる落ちる・・・。
朝方はコガネムシたちも寝ているのか、たくさん落っこちてくるんです。それを捕ま
えて虫かごの中へ。今日はなんと12匹捕獲しました!!(家庭で育てた葡萄として
は多いのか?少ないのか??)
そして、やばいと思ったやつはブーンと羽を広げて飛んでいく・・・。
薬剤散布には、マラソン乳剤というものが効果があるそうだけれど、ミツバチも駆除
してしまうとか。なので、なるべく薬は使いたくないので日々コガネムシと戦うことに。
コガネムシは、ありとあらゆる葉っぱを食い荒らしてしまうので、畑の野菜も樹木
でさえも食べてしまう。
そして、成虫を見たらすでに土の中に卵を産み付けられていると思っていい。
産み付けられた卵は、土の中で根を食害しながら翌年の春に成虫になって出てくる。
成虫の発見は幼虫に比べると容易だが、放っておくと葉を食い荒らされて植物が光合
成できなくなるまでになってしまう。
コガネムシは、ありとあらゆる植物に寄生する害虫なので、自分の畑だけ守ればいい
というわけにはいかない。
一度野菜にコガネムシがついてしまうと糞のにおいをかいでほかのコガネムシもやって
くるそうだ。となると、やはり日々捕獲作戦を実行するしかないのかぁ。( ;∀;)
いろいろ調べてみると、最近ではコガネムシを捕獲する装置?のようなものもある
みたい。設置してみる価値はあるかな!!??
今は娘たちが、せっせとコガネムシ捕獲作戦を実行してくれるので助かっている。
一人は木を揺らして、もう一人は捕獲or踏みつぶすΣ(゚Д゚;
見ていると何とも言えない気持ちになるけれど・・・。
そういえばバラも元気がなかったが、もしかして地中にコガネムシの幼虫がたくさん
いたのかしら?幼虫となると土を掘り返さないといけないので見つけるのが難しい。。
畑は肥料をやったり、耕したりするのでコガネムシの幼虫も発見しやすいけれど、
樹木などの掘り返さないところはどうにもならない気がする。
植木鉢ではマルチングできるが、地植えでも予防できるのかしら?
どの程度効果があるのだろうか??
夏なのに丸裸になってしまったかわいそうなバラ( ;∀;)
どうして手を加えて、かわいがるとうまくいかないのだろう。
これって子育てにも通じるものがあるかも??!!なんて考えてみたり・・・。
自然のものだからほどほどにしたほうが生きる力が働いたりするのかなぁと思うの
でした。

スポンサーリンク

 

関連記事

白雪姫のメルヒェンが子どもに与える大きな影響

今日はオイリュトミー講座に参加してきました。 参加者は思ったよりも少なかったですが、オイリュト

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

小國神社へ初詣

わが家は毎年、3日か4日に初詣へ出かけています。 今年は、元旦早々に長女が嘔吐したため、少しゆ

記事を読む

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。 そのときに気になった「文字のきれいさ」につ

記事を読む

アドベントガーデンりんごろうそく

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。 今年は、はじめての幼稚園で「りんご

記事を読む

はじめてのシュタイナー人形劇 体験記

シュタイナーの人形劇 シュタイナー幼稚園の親子クラスに行っていた時に、初めてシュタイナーの人形劇と

記事を読む

七夕の笹を長持ちさせる方法をやってみました

幼稚園で使う七夕の飾りに必要となる笹。 この笹・・・・今まであまり気にしたことがありませんでし

記事を読む

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

赤ちゃんと息子

一年ぶりに友人と会うことになりました。 一年前はまだ子どもがいなかったけれど、今年出産したので、今回

記事を読む

はじめての幼稚園。子どもの心親知らず?

末っ子の幼稚園が始まり、二日目の朝。 息子は朝になって出かけるときになると、 「ママと一緒にお部屋に

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑