Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

オランダとスペイン出張

公開日: : 子育て日記

     


旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき
たそうです。海外は行くだけで大変そうだけれど、やっぱり世界を見てみたいとい
う気持ちはありますよねぇ。色々と話を聞いていると、想像するだけでも面白そう。
オランダの緯度はサハリンより少し北らしく、涼しくて過ごしやすかったそう。
北海道を想像してみると。。。なるほど!
食べ物は、やはりパン食で野菜と言ってもきゅうりとトマトくらい??
意外と少ないようですね。あちらは保存食が多いのから、チーズやハムが多いそうです。
そう考えると日本食ってバラエティ豊かで、体にいいものがたくさんあるんだなと
思いました野菜の種類も多いしね。
オランダ人はあまり舌が肥えていないようで(失礼かもしれませんが💦旦那さん曰く)
味覚は日本人とはだいぶ違うらしいです。まぁ食べてるものが違うのだからそうな
るよね(;^_^A
だから日本人のように「お金を出してでもおいしいものが食べたい!!」ではなく
「食べるものにそんなにお金使ってどうするの??」的な感覚のようです。
そしてスペインと言えば、パエリア。食べ物はおいしかったようです!!
話を聞いてるだけでうらやましい・・。
国の雰囲気も大西洋と地中海と、海に囲まれていて、緑豊かで日本に少し似ている
みたいですね。だから野菜と魚介の料理が多いのかな。テレビや雑誌で見るだけだと、
観光地ばかりなのでそれ以外の雰囲気がわからない(◎_◎;) でも実際に行った人
の話をきくとやっぱりわかりやすいし、どんな感じだったのか、わかるので聞いて
いて面白いなぁと思いました。
日照時間は、日本とは変わらないらしいけれど、日の沈む時間がずれているので、
夜の9時ころまで明るいとか。
それを聞くと地球って動いてるんだなーとしみじみ思ったり。
専業主婦として、ずっと家で働いて?いると社会から孤立した気分にもなるし、
ましてや世界なんて全く遠い世界に感じます。出張で大変だとは思うけれど、
やっぱり人間、いろんなことを体験して得るものってとても大きいと思う。まして
自分はもう子どもではないし、自分で考えて行動できるのだから、子育てでまだ海外
に行けない分、今できることを勉強していつの日か外の世界に行ってみたいと思う
のでした。

スポンサーリンク

 

関連記事

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

小國神社へ初詣

わが家は毎年、3日か4日に初詣へ出かけています。 今年は、元旦早々に長女が嘔吐したため、少しゆ

記事を読む

ヒメツルソバ

2か月ぶりに自分の家に帰ってきました。2か月離れているとだいぶ懐かしさが こみあげてくる(*^▽^*

記事を読む

クリスマスアドベントの意味

子どもたちの通っている学園ではアドべントの集いという催しの準備が始まりました。 そもそもアドベ

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

親の中のミカエルの剣

ミカエルのお話を聞いてから、少し私自身の中で何かが変わってきたような気が しています。子どもたちが学

記事を読む

幼稚園で行う 秋のお楽しみ収穫祭

10月の最後の週、シュタイナー幼稚園では「収穫祭」というものを行います。 秋の実りをみんなで楽

記事を読む

シュタイナー教育の発表会

各学期の終わりを迎えるとき、シュタイナー学園では終業式ではなく月例祭というものが行われます。

記事を読む

学園公開アドヴェントの集い

キリスト降誕を待つ時期であるアドヴェント。12月に入り、学園で行われたアド ヴェントの集いに初めて参

記事を読む

お弁当登園開始

5月も下旬に入り、ようやく長男のお弁当持参が始まりました。 長男はお弁当が楽しみで、お弁当筒みでお弁

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑