*

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

公開日: : 子育て日記

     

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られることなく、自分のやりたいことに時間をかけられるようになりました。
自分自身、もともとそんなにテレビを見る家庭ではなかったけれど、テレビを見るきっかけになったのは中学生の時だったように思います。
学校へ行くと、みんなテレビ番組の話をしていて、「○○にでていたあれが面白かったー」とか「あのキャラクター、今日はこんなこと言ってたよね」とか。。。
そんな話題についていこうと、朝の忙しい時間にテレビをつけるようになったのが始まり。
でも、私はテレビをつけてしまうと、どうしても凝視してしまい、動くことができなくなってしまうのです(;^_^A そのせいで、結局時間ギリギリになってしまうことが増えてしまいました。
成人してからは、テレビではなくラジオを聴くようになり、動きながらでも情報収集ができるとラジオを好むようになりました。
そして、子どもが生まれてからは、何となく「教育番組を見せたほうがいいのかなぁ」と思ってテレビを見せることに。。。
すると、子どもはテレビにくぎ付け!!これは楽チン(^^♪と思い、テレビに子育てしてもらうことが増えました。でも一度テレビをつけてしまうと、消すタイミングが難しい・・・。子どもはもっと見たい!!と怒りっぽくなるし、この番組見たいなら何時までに終わらせなくちゃ!みたいなものが出てきてやっぱり時間に縛られ始めたんですね。

そんな時に読んだ育児書の中に「シュタイナーの子育て」という本に出会いました。その本には「子どもが小さいうちはテレビは必要ない」というものでした。
読み進めていくうちに、「これだ!!」と思いました。これこそ自分のやりたい子育てだと。
私自身、何年か保育の現場で仕事をさせてもらうことがあったけれど、それは集団生活をいかにまとめていくか、先生主導で子どもたちに色々と教えていく、それが当たり前なのだと思いながらやってきました。でも児童福祉の現場に入ってみるとなんだか同じ子どもなのにやっていることがちぐはぐなような気がしてならなかった。
そこへ私の前に現れたシュタイナー教育。自由への教育。自分で考えることのできる人になるために。。
そしてこの歳になって、もっといろいろと勉強したい!!と思うようになりました。
シュタイナーは「人は7年のリズムで成長する」という。という事は、義務教育が終わったからと言って学業が終わるわけではない。いくつになっても人は成長できるということを改めて感じました。
インターネットが普及して、与えられる情報量が半端ない今の時代。もはや情報は自分で調べるものではなく、与えられるような世の中に・・💦
何が正しくて何が間違っているのか、大人でさえ判断に苦労するのに、子どもなんてきっと訳が分からなくなってしまうのではないでしょうか。
子どもにたばこを吸わせないのは当たり前。同じようにテレビを子どもに見せないのは当たり前。という時代は来るのでしょうか??
なにが正しくて何が間違っているのか。それを理解できるようになってからでもテレビを見るのは遅くないと私は思うようになりました。なぜならテレビは大人のための娯楽と考えるからです。

スポンサーリンク

 

関連記事

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

性教育と家庭の役割

小学生の性教育について親としてどのくらいかかわる必要があるのか? 自分自身、性教育は学校で習っ

記事を読む

子どもたちのやる気

お昼になると「おなかすいたーーー!!ごはんまだぁ??」の声が飛び交う。 小学生にもなると食べる量も

記事を読む

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

アゲハ蝶の幼虫飼い始めました

7月に入りましたが、コロナウイルス感染症拡大防止の影響はまだ残っていますね。 息子の通う幼稚園

記事を読む

シーソー

4年生の手作りシーソー

買い物へ出かけて家に帰ってみると、小4の長女と長女の友だちが何やら怪しい遊びをしていた・・・。 一

記事を読む

手作りおもちゃで癒しの時間

久しぶりに末っ子長男の就園前の親子教室へ行ってきました。3人目の末っ子には シュタイナー幼稚園に通わ

記事を読む

9歳ってむずかしい!

長女が9歳の危機を迎える・・・・3年生になるとちらほら「子どもが変わった!」「大人になった」など耳に

記事を読む

口コミで選ぶ?幼稚園の選び方

わが家の末っ子の通っているシュタイナー幼稚園では、慣らし保育を一人で短い時間通う、というものでした

記事を読む

子どもたちの相撲遊び

子どもたちが何やら楽しそうに大声で笑って遊んでいたので、耳を澄ませて聞いてみると・・・・ &n

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑