*

テレビと育児シュタイナー教育との出会い

公開日: : 子育て日記

     

我が家のテレビのない生活を始めて、6.7年くらいたつでしょうか。テレビを見ないことで時間に縛られることなく、自分のやりたいことに時間をかけられるようになりました。
自分自身、もともとそんなにテレビを見る家庭ではなかったけれど、テレビを見るきっかけになったのは中学生の時だったように思います。
学校へ行くと、みんなテレビ番組の話をしていて、「○○にでていたあれが面白かったー」とか「あのキャラクター、今日はこんなこと言ってたよね」とか。。。
そんな話題についていこうと、朝の忙しい時間にテレビをつけるようになったのが始まり。
でも、私はテレビをつけてしまうと、どうしても凝視してしまい、動くことができなくなってしまうのです(;^_^A そのせいで、結局時間ギリギリになってしまうことが増えてしまいました。
成人してからは、テレビではなくラジオを聴くようになり、動きながらでも情報収集ができるとラジオを好むようになりました。
そして、子どもが生まれてからは、何となく「教育番組を見せたほうがいいのかなぁ」と思ってテレビを見せることに。。。
すると、子どもはテレビにくぎ付け!!これは楽チン(^^♪と思い、テレビに子育てしてもらうことが増えました。でも一度テレビをつけてしまうと、消すタイミングが難しい・・・。子どもはもっと見たい!!と怒りっぽくなるし、この番組見たいなら何時までに終わらせなくちゃ!みたいなものが出てきてやっぱり時間に縛られ始めたんですね。

そんな時に読んだ育児書の中に「シュタイナーの子育て」という本に出会いました。その本には「子どもが小さいうちはテレビは必要ない」というものでした。
読み進めていくうちに、「これだ!!」と思いました。これこそ自分のやりたい子育てだと。
私自身、何年か保育の現場で仕事をさせてもらうことがあったけれど、それは集団生活をいかにまとめていくか、先生主導で子どもたちに色々と教えていく、それが当たり前なのだと思いながらやってきました。でも児童福祉の現場に入ってみるとなんだか同じ子どもなのにやっていることがちぐはぐなような気がしてならなかった。
そこへ私の前に現れたシュタイナー教育。自由への教育。自分で考えることのできる人になるために。。
そしてこの歳になって、もっといろいろと勉強したい!!と思うようになりました。
シュタイナーは「人は7年のリズムで成長する」という。という事は、義務教育が終わったからと言って学業が終わるわけではない。いくつになっても人は成長できるということを改めて感じました。
インターネットが普及して、与えられる情報量が半端ない今の時代。もはや情報は自分で調べるものではなく、与えられるような世の中に・・💦
何が正しくて何が間違っているのか、大人でさえ判断に苦労するのに、子どもなんてきっと訳が分からなくなってしまうのではないでしょうか。
子どもにたばこを吸わせないのは当たり前。同じようにテレビを子どもに見せないのは当たり前。という時代は来るのでしょうか??
なにが正しくて何が間違っているのか。それを理解できるようになってからでもテレビを見るのは遅くないと私は思うようになりました。なぜならテレビは大人のための娯楽と考えるからです。

スポンサーリンク

 

関連記事

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

言葉の力

長女の反抗期が出てきたのか??この頃兄弟喧嘩がとても多くなってきました。 きつい言葉を言われて、私に

記事を読む

【掛川】ならここの里へ日帰り川遊び

夏休み・・・・子どもたちはここぞとばかりに     「どこか連

記事を読む

夏祭りで遭遇? ルパンレンジャーとパトレンジャー

ヤマハで夏祭りが行われるというので、家族みんなで行ってみました。 ヤマハジャンボリーは本社で広

記事を読む

シュタイナー教育を実践!体感したことをまとめてみた【未就園児クラス編】

シュタイナー教育を実践している3児の母です。 子どもが生まれて、子育てが始まり、子どもってどうやって

記事を読む

いやいや期

中間反抗期?10歳娘と父との微妙なケンカ

10歳の長女とお父さんがケンカをしました。 といっても長女が一方的に不機嫌になって怒っているだけの

記事を読む

小國神社は穴場スポット!おいしいかき氷と川遊び 

暑いけれど、冷房の効いた部屋にずっといるのはつまらない!!! ということで、涼しい場所を求めて

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑