Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

子どもの気持ちと親の言葉

公開日: : 子育て日記

     

今日は朝からが末っ子の機嫌がめちゃくちゃ悪かった。
ご飯を食べ始めると、手拭きを自分が持っていたかったようで、次女が使っている
のを見ると、怒りだしてスプーンを投げつけようとした。それを止めると大泣きして
結局ご飯を食べずに退席することに・・・。

気分転換に、、と外へ行くと、庭に咲いている花の花弁を一枚ずつ取ったり、
金魚を見たりして少し機嫌がよくなった。が、部屋に戻って私がご飯を食べようとする
と「ママ抱っこーーー!!!」とひっくり返って泣き出す(◎_◎;)
抱っこしながら食べていたが、「眠い、、寝る」というのでソファに横にさせるけれど
「ママも寝るーーー!!」と言ってまた泣き出す・・・(~_~;)
それを横目に、ばぁばが
「どうせママじゃなきゃ嫌なんだから、ちゃんと抱っこしてやんなさい」と一言。
わかっているけれど、そう言われると私も子どもも、なんだか責められているような
気持ちになった・・・。(´;ω;`)
でも、そういってくれるなら・・・と気持ちを切り替えて、家事をばぁばに任せて
ずっと傍で遊んだり抱っこしたりして過ごした。時々お姉ちゃんたちの遊びに入れて
もらったりもするけれど、すぐに「ママーー」と半泣きで戻ってくる。
2歳半っていやいや時期でもあるし、何でも自分で!!の意識が高くなる。子どもの成長
としてみれば喜ばしいことだけれど・・・さすがにずっと続くと私も堪えてくる(~_~;)
怒っても仕方ないことなんだけど、私の脳は苦に変換してしまうようだ💦
どうにかならないものか・・・と一生懸命深呼吸。しかし、人がせっかく怒らないよう
気持ちを落ち着かせているのに、またもや横から
「全くどうしようもないわねー。困ったもんだねー。」との言葉が・・・(#^ω^)
本人は、全く悪気はなく言っているのだろうけれど、これってきっと2歳児も、
嫌な言葉だってわかるよね??
どうしようもないのはどっちだ??と思いつつも、ひたすら抱っこで子どもと向き合う。
でも今日はいくら抱っこしても、子どもの気持ちがさっぱりわからなかった。
育児歴9年目だけれど、子どもは一人ひとり違う。こんな日も過去にあったかなぁ??
思い出そうとしても、もう思い出すことができない。毎日同じようで違うんだもんなぁ・・・。

スポンサーリンク

 

関連記事

いやいや期

子どもは親の言うことは聞かないが、言動はしっかり真似して育つ

子どもは親の真似をして育つ 子どもは親の姿を見て育つと言いますが、本当にそう・・・。 子

記事を読む

夏祭りで遭遇? ルパンレンジャーとパトレンジャー

ヤマハで夏祭りが行われるというので、家族みんなで行ってみました。 ヤマハジャンボリーは本社で広

記事を読む

末っ子の「なんで?」攻撃?

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが 好き。大

記事を読む

no image

3年生劇の発表

つい先日、3年生の長女のクラスで音楽劇の発表がありました。長女は劇が好き?なようで幼稚園の頃から舞台

記事を読む

no image

寒さ対策を拒んだ長男。身をもって体験したその結果

この日は寒さが身に染みるほど、風も空気も冷たい朝でした。 子どもたちと学校、幼稚園へ出かける準

記事を読む

百日咳にかかりました・・・

梅雨の時期は蒸し暑かったり、寒かったりで体調を壊しやすい?? ということで・・・・ついにダウンしま

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

子どものための四季の祝祭~夏祭り

わが子のはじめて通うシュタイナー幼稚園。夏祭りといってもきっと私の想像するものとは違っているんだろう

記事を読む

長い休日

9月に入ってから、急激に気温が下がり涼しくなりましたね。 今日は朝から雨が降り、一段と気温が下がっ

記事を読む

クリスマスアドベントの意味

子どもたちの通っている学園ではアドべントの集いという催しの準備が始まりました。 そもそもアドベ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑