*

どのくらい知っていますか?お正月のしきたり

公開日: : 子育て日記

     

子どもを育てるようになると、今までなんとなく過ごしてきたお正月の行事にも、きちんと意味のあるもの、という意識が生まれるようになりました。そこで今回は、子どもに「これってどういうこと?」と聞かれてもわかりやすく伝えられるよう、お正月のあれこれをご紹介していきます。

お正月を迎えるための年末年始に行われるしきたり

お正月を迎える準備もしきたりに沿って進めることで、段取りよく準備が進みます。1年の汚れを落とすことで歳神様をお迎えする大掃除にはじまり、お節の準備とお正月飾りの飾り付けと・・・
ここまでは歳神様をお迎えするためには必須です。
しきたりと言う言葉で難しく考える方もおいでですが、理にかなったことだと思いますので、何かと役立つと思います。

すすはらい(大掃除)


昔の家は囲炉裏があり、家の中には「すす」がつきました。すすはらいとは、歳神様を迎えるために旧暦の「正月事始め」にあたる12月13日にすすやほこりをとって掃除することをいいます。
江戸時代に旧暦の12月8日に東では、すす払いをはじめ新年を迎えたそうで上方では13日だったそうで、その頃から大掃除をはじめればお正月を前にバタバタせずに済みますね。
大掃除は12月28日までに終わらすことがしきたりでは言われていますが、それは29日は「二重苦しむ」からきているそうです。

門松


門松は歳神様をお迎えするためと新年を祝うという意味合いで、玄関に飾ります。木の幹や枝の先に神様が宿ると考えられていたことから、歳神様が迷わずにお家に来られるように目印として飾るといわれています。飾りつけをするのは、御事始めにあたる12月13日から新年の1月7日です。

お正月飾り(お飾り)


歳神様を迎える準備ができたことをあらわす目印といわれています。裏白(シダ)は長寿、ゆずり葉は家系を絶やさないように、橙は家代々栄えるという意味があります。
大掃除を済ませた後で、年末ですが29日と31日は避けてお飾りください。29日は「二重に苦しむ」31日は「一夜飾り」と言われますので28日に玄関(表)に飾られるといいでしょう。1月7日まで飾り、1月15日の小正月に行われるどんど焼きで焼くなどの習慣があります。

年越しそば


「そば」のように細く長く生きれるようにと大晦日に、縁起をかついで食べるようになったようです。その昔は商家などでは月末(晦日)は棚卸など、仕事が忙しくなりそばの出前をとり使用人の労をねぎらったことや、そばが比較的他の麵より切れやすいためその年の苦労や災難を断ち切るなどの意味で、年越しそばとして大晦日にいただく習慣が根付いたようです。

歳神様をお迎え


元旦は歳神様をお迎えし、家族そろってご自宅で過ごすしお祝いするのがしきたりです。家を空け歳神様をほったらかしにするようなことがないようにしてください。
そういう意味では新年は2日からスタートと思っておくべきです。
氏神様と歳神様は違うということ知っておいてください。

歳神様と氏神様?

歳神様と氏神様とは違うということを知っておかなければなりません。
歳神様は来訪神で神道の神様です。農耕民族の日本では古来より稲作の豊作を願い、祀る神様で高い山からお正月にやって来られるます・・・他には先祖の霊で災いから守ってくれるとの説も。
氏神様は元々は同じ氏族、血縁関係のある氏が信仰してきた神を祀った神社のことで、その土地を守る神様です。現在では広義に解釈されるようになり、住まわれている土地の氏神様(神社)とお考えいただけばよいと思います。

初詣


初詣は除夜の鐘が鳴りだす頃に・・・など言われ元旦のお詣りに問題はないのですが、本来初詣は日頃からお守りいただいているお住まいの土地の氏神様へまずお詣りをされるのが基本です。氏神様へ先にお詣りされてから有名社寺へ行かれるのがよいかと思います。
元旦は氏神様へ初詣、有名な神社などへは2日以降松の内までにお詣りするとよいでしょう。

年賀状


送った人と、送られた人がそれぞれ一年を健康に過ごせるように、年賀の思いを文字で伝えたものです。平安時代から行われています。

お年玉袋


新しい「とし」の「たま」しいをもらうという意味で、新年を元気で暮らせるようにという意味が込められています。
 

おせち料理とは?

そもそも「おせち」とは?


暦上の節句のことをさします。その際に食べる料理を「おせち料理」と呼んだため」、現在では節句の一番目にあたる正月の料理をあらわす言葉として使われています。
 

なぜおせち料理を食べるの?

おせちを準備するのは一つは、歳神様へのお供え物そして台所の仕事をお休みし、歳神様をお迎えするためです。その土地にもよるかも知れませんが、風呂は年末までに掃除をすませ、元旦はお風呂を休ませ2日からというところも結構多いのも歳神様をお迎えするためと思います。
おせち料理は歳神様へのお供え料理であり、また家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。一年の初めに、五穀豊穣や安全と、健康などの祈りを込めて食べます。

歳神様とは?

新しい年の作物の実りをもたらし、私たちに幸せを授けてくださる神様で、いつも私たちを見守っているといわれています。

おせち料理に込められるお願い事

おせち料理は新しい一年を幸せに過ごすための海運料理であるといわれています。

  伊達巻


「伊達」とは華やかさ、派手さのことです。巻物に似た形から、知恵が増えるようにというお願い事が込められています。黄色く甘い伊達巻は金運がアップするといわれています。

  えび


えびには腰が曲がるまで長生きしますようにという意味が込められています。

  紅白蒲鉾


紅はよろこび、白は神聖を意味し、新しい出発をお祝いしようという意味が込められています。板付きの蒲鉾は、ひのき舞台にあがるために必要な勝負運がつくといわれています。

  栗金団


黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。また、お金がたまりますようにというお願いごとが込められ、金運アップの食べ物といわれています。

  酢ばす


レンコンはたくさん穴が開いていることから、先の見通しが良くなるようにというお願いごとが込められています。酢の物には健康運アップの効果があるといわれています。

  黒豆


「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

  昆布巻き


昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻となかなかの活躍です。

  田作り


小さくても尾頭付き。五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

  数の子


子宝と子孫繁栄を祈る。数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。正月らしい一品です。

  ごぼう


細く長く幸せに細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは縁起のよい食材として様々に使われています。たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。ごぼうの産地である八幡の名をとった、牛肉の八幡巻、穴子の八幡巻も正月らしい巻もの料理です。宮中で正月に配られる花びら餅の芯にも、ごぼうが用いられ、大切に扱われているのです。

  紅白なます


紅白でおめでたいさっぱり料理生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、なますの名がつけられました。今は生の魚介の代わりに、干柿や昆布、ゆずの千切りも用いられます。

鏡餅


鏡餅は、昔の鏡が丸く平らな形だったことから名づけられたといわれており、大将の餅を重ねるのは「福が重なる」「めでたく歳を重ねる」という意味があります。また、お供えした鏡餅に歳神様が腰かけ(宿り)、幸せになれるといわれています。
<飾り方>
四方紅または、半紙を敷いた三方にのせ、橙、ゆずり葉、昆布などを添えるのが一般的とされています。

  餅と雑煮


餅は、昔から神様に捧げる神聖な食べものとして考えられ、祝いごとや祭りの日には欠かせないものでした。昔は、多くの家で正月用の餅つきをしましたが、12月31日につくのを一夜餅、29日につくのを苦餅といって嫌いました。正月に、年神様に供える餅が鏡餅で、1月11日の鏡開きまで、床の間や各部屋に飾ります。
雑煮は、年神様にお供えした餅を、野菜や鶏肉、魚介などといっしょに煮込んで作る料理です。地方色豊かな料理で、主として白味噌仕立ての関西風、醤油仕立て(すまし仕立て)の関東風と大きく分けられます。餅の形も関西では丸餅、関東では切り餅(のし餅、角餅)が一般的です。関西で丸餅を使うのは鏡餅をかたどっているためといわれます。
 

お重詰めとは?

お正月にお重詰めを用意するようになったのは、江戸時代。「福」を重ねるという縁起をかついで重ね重になったといわれています。詰め方も縁起をかついで八方詰めやお米を計る升を模した升形詰めなどがあります。

     

お重詰めの決まりごと

・品数は奇数になるようにしましょう
・正面を決め、奥から手前に盛りつけをしましょう

歳取り魚

昔は、すべての人が新年になると一歳年を取るとされ、そのため、大晦日の夜に家族で年越しのお祝いをすることを「歳取り」といいます。「歳取り魚は」歳神様を迎えるためのごちそうで、その地域で食べられる一番良い魚をお供えします。東日本では「鮭」、西日本では「鰤」が一般的です。(「鮭」は赤い身が縁起ものがよいとされ、「鰤」は出世魚として食べられていました)

祝い箸


両端が細くなっているのは、一方を自分が使い、もう一方は歳神様が使うとされているからです。お正月の三が日は、家族それぞれの名前が書かれた箸袋に入れて使います。

迎春のしきたり

1月2日 書き初め


新年を迎えて最初に書くお習字のことです。お正月の2日に一年の目標や心構えなどを書くと、一年間うまくいくといわれています。
 

1月3日 三日とろろ


お正月料理で疲れた胃腸を休め、同時に一年間、風邪をひかず健康でいられるようにという願いを込めて食べます。
 

1月6日 納豆の歳取り


この日に納豆を食べると「万病の根が抜けていく」と伝えられ、一年の健康を願う納豆汁を食べます。お正月の納豆のことを「節納豆」といいます。
 

1月7日 七草粥


お正月の7日に一年の健康を祈って春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロなどが一般的)を入れて炊いたお粥を食べるとよいとされます。
 

1月11日 鏡開き


お正月に歳神様に供えた鏡餅を下ろして食べる日です。刃物で切るのは縁起が良くないので、手で割ったり、木づちで割ったりします。割った鏡餅は、ぜんざいやおしるこにして食べます。
 

1月15日 小正月


一年の最初の満月を祝う日です。旧歴では、15日が一年で最初の満月にあたり、その年の健康を祈って小豆粥を食べます。
 

1月15日 どんど焼き


小正月に行われる火祭りで、お正月の門松やお飾り、書き初めなどを持ち寄って焼きます。 その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくと、その年の病を除くと言われています。 また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達するといわれています。

まとめ

いかがでしたか?普段何気なく行っているお正月準備も、とても意味のあるものだということがわかりました。そして、おもしろいほど細かいところまで縁起をかついでいるなぁと思いました(*´艸`*)
お正月のしきたりとは、新年もよい年になるようにと、歳神様や氏神様、ご先祖様への願いを込め、お迎えするための準備をすること。そして、神様や身内の方と過ごし、日頃からお世話になっている方々へ、気持ちをあらため、ご挨拶するために必要なことを教えてくれるものなのではないでしょうか。
日本の伝統を受け継いで、子どもに伝えていきたいと思いました。

スポンサーリンク

 

関連記事

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

海の日ですが・・・

今日は海の日でしたね。 三連休という事もあって街はいつもよりすいていた気がします。観光地はすごい

記事を読む

お弁当登園開始

5月も下旬に入り、ようやく長男のお弁当持参が始まりました。 長男はお弁当が楽しみで、お弁当筒みでお弁

記事を読む

夏休みは長野へ!!子どもが喜ぶ家族旅行

夏旅行!信州長野の旅 この度、台風の影響でキャンプが中止となり蓼科一泊旅行となりました。。

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

【掛川】ならここの里へ日帰り川遊び

夏休み・・・・子どもたちはここぞとばかりに     「どこか連

記事を読む

癒しの時間 聖マルティン祭 

聖マルティン祭というものをご存知でしょうか? わたしは全く知らずにいましたが、今回シュタイナー

記事を読む

次女のりんごろうそく 再び

12月7日、アドベントガーデンこと、りんごろうそくが学園で行われました。 1,2年生のみのイベ

記事を読む

ミカエル祭の集い

  気がつけば10月ももう終わりに近づいてきましたね。今日は学校でミカエル祭の集いがある

記事を読む

置き引き?自分の不注意が生んだ悲劇

何かと忙しいお正月が終わりましたー。結婚してから毎年旦那の実家で過ごすお正月にも慣れてきましたが、親

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
PAGE TOP ↑