*

不安の中の9歳

公開日: : 子育て日記

     

9歳の長女と3歳になった末っ子長男がしばしばケンカをするようになりました。
今回は本が大好きな長女は図書館で借りてきた本を片っ端から読み、末っ子の借り
てきた絵本も読もうとして、絵本の取り合いになったのです・・・(-_-;)
そして「貸して」と言えない長女、断固として渡したくない末っ子・・・。
しまいには「なんで貸してくれないの!あんたの本じゃないでしょ!ケチ!!」
と捨てセリフを。。。(゚Д゚;)
どちらの気持ちもわかるけれど、親としては長女にもう少し我慢ができたり、相手
を思う気持ちをもってほしいのですが・・・なかなかうまくいきません(;^_^A
「そんな言い方しないで」と私が声をかけると、水に油をそそいだようで、ギャー
ギャー叫び散らしてひっくり返る始末。まるで同年齢だな。。と思いながらも、今度
は末子に「お姉ちゃんも読みたいんだって。ちょっと貸してあげる?」と聞いてみる
けれど、もちろん「うん」というはずもなく、「やだ!見せない」といって逃走。
もうこれはうるさくても放っておくか・・と思ってそのまま放置することに。
するとひとり黙って本を読んでいた次女が末っ子をそれとなくあそびに誘ってくれて、
二人で積み木で家を建てたり、人形ごっこを始めた。すると末っ子も気持ちが落ち着
いたようで、楽しそうにあそび始めた。そこへすかさず?次女が「絵本貸してあげる?」
と聞くとなあんと素直に「うん。」といって長女に絵本を貸してあげたではないか!!!
長女もやさしくされると「ありがとう」といって絵本を受け取り、読み終わると「はい、
返すね」と素直に言う姿が💦子ども同士ってすごいな・・・と思った出来事でした。
大人としてはこうすればいいのに、とか分かるけれど、子どもは実際に体験して自分が
どのようにふるまえばいいのか、こうやって学んでいくんだなとしみじみ思いました。
わが子だと子どもが「ママ~~~!!!」と助けを求めにやってくると(またか‥)
なんて思うこともよくあるもので、でも自分が何とかしないと、みたいな気持ちも
あったりで。。見守ることの大切さはわかっているつもりだけれど、ここは大人が
子ども同士のいざこざに首を突っ込まないようにする、いわば我慢の練習なのかなぁ
なんて思いました。
そんな長女もこのところ、自分自身どうしていいのかわからないようす。
「なんで妹に意地悪を言っちゃうんだろ?前はこんな嫌な子じゃなかったのに・・」
ぽつりとつぶやいた言葉が、私の心にとまりました。長女も自分の言ったことや、やっ
てしまったことに対していろいろと悩んでいたんだな。。9歳児は今まで守られていた
世界から自分と他者との違いをはっきり自覚する時期だそうで、今まで見ていた世界
(ファンタジーの世界)と現実世界の境界線に立っているようなものだとか。
目に見えないところだから、ついつい文句を言ってしまっていたけれど、実は長女も
苦しんでいたようです。かわいそうなことをしてしまった・・・ごめんよ。
子どもの発達ってすごいなぁと思いつつも無知なまま子どもを育てることへの怖さも
感じてしまいました。
 

スポンサーリンク

 

関連記事

第二アドベント ライアーの演奏

第二アドヴェントとなる12月の2週目。 わが家でもクランツに二本目のろうそくに火が灯りました。

記事を読む

no image

アゲハの幼虫育成日記 その2

アゲハの幼虫の飼育を始めて1週間・・・2週間と経ちました。 葉っぱを食べなくなったと思ったら、

記事を読む

アドベントガーデンりんごろうそく

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。 今年は、はじめての幼稚園で「りんご

記事を読む

台風24号「チャーミー」の爪痕

今年は大型と言われる台風が多くありました。 そして昨日9月30日の夜に関東へ接近した台風24号

記事を読む

no image

こどもの遊びとテレビゲーム

甥っ子があそびに来てくれました(^^♪が・・・・・・   最近の子どもは本当に

記事を読む

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

かばんの中のネコ

荷造りをしていたら、我が家の愛猫おとがやってきました。 ネコは家に着くとはいいますが、うちのお

記事を読む

親子で木曽駒ケ岳登山

10歳になった娘と二人で木曽駒ケ岳に登山へ行きました。 小学4年生・・・というと9~10歳のい

記事を読む

「ヘナ」って知っていますか?

      知人の紹介で、初めてヘナというものを体験してきました!!

記事を読む

3年生 家づくりの準備

3年生の長女はいよいよ学校で家づくりが始まります。そして、今回はその材料となる 竹を取りに行くお手

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑