*

スキンシップとわらべうた

公開日: : わらべうた, コダーイの音楽教育

     

わらべうた、手遊びや顔遊び、2人組でする遊びの中にはたくさんのスキンシップが含まれています。

テレビの前で長時間を過ごしている子どもたちには、とくにスキンシップが不足します。

近年は、“コンタクト不全症”といわれる子どもたちが増えています。

これは、教室ですぐそこに教師がいれば集中できるが、離れたところから働きかけることには注意をふり向けない、反応しない、自分のことだと思わない、などという困った状態です。

 

幼児のわらべうた遊びの中でも、遊ばせ遊び歌や子ども同士の身体が触れ合うあそびを、スキンシップの観点からも正しく理解して十分に取り入れていく必要があります。

十分なスキンシップとは、当然、小さいときの十分に手をかけた育児の方法から始まります。

保育園では、赤ちゃんを一人ひとり抱いて食べさせていると時間がかかりすぎるので、子どもをテーブルイスにもたれ掛けさせ、保母が2~3人の子どもと向かい合って一緒に食べさせることが行われています。

 

哺乳類は、母親の身体の作りから行って、抱くことを通じて子育てをします。

子どもは抱かなければ母乳を飲めず、乳を吸うことを覚えた子は、同じ抱かれた姿勢で、今度は咀嚼へのプロセスを学んでいくのが自然なことです。

スキンシップなしで、口からだけ食べ物を与えられるやり方は、生物学的には鳥類の身体の作りに自然なものですが、人間ではおそらく哺乳瓶の使用によって誤ってイメージ化されたものでしょう。

育児をする姿勢には物理的な面以上の精神的なものが含まれており、各段階ごとに確実に、しかしゆっくりとスキンシップの量(どれだけ肌が触れ合っているか)が減り、距離(大人と子どもの間)も変わっていきます。

 

子どもは育児のうえで自立していく一方で、一人遊びをしたり、絵を描いたり、絵本を読むときなど、母親にすり寄ってきたり、肌を触れ合わないまでもスキンシップ的な距離にいたがります。

 

わらべうたからみるスキンシップあそび

遊ばせ遊び歌には、どんな形での肌のふれあい遊びがあるのでしょうか?

 

ひざに抱く、ひざにのせる、両腕に抱く、足にのせる、向かい合って手をとる、肩にのせる、お腹をもつ、顔、手、首に触れる。

脇の下をくすぐる、足指、足の裏、背すじやお尻に触れるなど多様です。

 

子ども同士が肌を触れ合って遊ぶもの(2~3人の遊び)にも、人待ち遊び、ゆすり遊び、舟こぎ、背中合わせ、ギッコンバッタンなどさまざまなものがあります。

スキンシップは一つの体にもう一つの体が与える刺激です。

おおざっぱに見ると、このような遊びをする子どもはみんな喜ぶように見えます。

しかしなかには、やろうとしない、逃げ回る、極度にくすぐったがるなどの反応もなくはありません。

専門家たちは、こうした子どもの反応によって来るところにも私たちの注目を喚起しています。

そのなかにその子が赤ちゃんの時に母親にどう抱かれていたかという人間関係の基本となることがらが含まれているといわれます。

 

床(またはひざ)に絵本をおいて保母と一緒に見ること、体を寄せ合ってお話を聞くこと、保母の後ろにつながって汽車遊びをすること等々。

保育のほかの現場でも大切なスキンシップの機会があります。

どれほどの量が必要かは、子どもの要求をほぼがどう感知するかによりますが、又、保母自身がどれほどスキンシップを好むか、好まないかにも大きく左右されます。

 

スキンシップを強調したわらべうたのやり方にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

・顔遊び、手遊びをしてあげる。子どもたちもする。

・ひざのせ遊び、人もち遊びをする。舟こぎまたはそれに準じたあそび。お互いの足先に触れてする遊び。

・体を寄せ合ってするあそびとしては、せんべ焼き、手の甲をつまんで重ねていく遊び。

・子守唄を歌う。歌いながら、子どもをひざにのせたり。

 

わらべうたを一方的に与えるだけでなく、子どもの反応をよく見ること、子どもからも“お返し”を要求すること、なにがしたいか聞くことも大切でしょう。

参照:コダーイ芸術教育研究所

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ここはおおみの

ここはおおみの(つかまえ鬼) 山口県 歌詞 ここは おおみの とうせんじ おみやげ くれん

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-やまとのやまとの

やまとのやまとの(つかまえ鬼)大阪府 歌詞 やまとの やまとの げんくろはん おあすび &

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

季節の歌-たんぽぽ

たんぽぽ 季節の歌(春)群馬県 歌詞 たんぽぽ たんぽぽ むこうの やまへ とんでけ

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

季節の歌-かなへびこ

かなへびこ 季節の歌(春)秋田県 歌詞 かなへびこ ちょろちょろ   あそ

記事を読む

日本の民謡やわらべうたの特徴

日本の民謡やわらべうたには、世界でも珍しい特徴が二つあります。 ひとつは、ものすごく音

記事を読む

わらべうた-あずきしょ

あずきしょ(背負い遊び)宮城県 歌詞 あずきしょ まめしょ いどばたに ちゃわんかけ おど

記事を読む

季節の歌ーおにはそと

おにはそと 季節の歌(冬)長野県 歌詞 おには そと ふくは うち えびす だいこく 

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑