*

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

公開日: : 最終更新日:2020/04/27 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県

歌詞

(鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

(鬼)すえのこがほしい (全員)とんならとってみろ

 

遊び方

大きい子が親となって先頭に立ち、その子の後ろに他の子がついて一列になり、前の子の腰につかまります。

歌の後、鬼は最後尾の子をつかまえます。

親はそれを両手を広げて左右に動きながら守ります。

つかまったら、その子か親が鬼と交代します。

 

遊びのポイント

花いちもんめのように2つのグループに分かれてあそんでも楽しいです。

その場合は、各グループが横一列になって手をつなぎ、相手グループと水平に向かいます。

4拍ずつを1つのグループが歌いながら前進していき、相手グループが前進してきたときは後退します。

それぞれのグループが欲しい子の名前をいうので、“すえのこ”のところは“○○ちゃん”にかえて2回歌うようにしましょう。

「とってみろ」であっかんべー。

その後名前が出た子同士がじゃんけんします。

負けた子は勝った子のチームに入ります。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

この遊びは「子取り鬼」といわれる遊びです。

この遊びの歴史はとても古く、千年に渡る伝承があります。

平安時代には比比丘女(ひふくめ)と呼ばれていた遊びで、浄土真宗の親鸞が定めた七高僧の一人、恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)が子どもたちに“地獄から鬼が子どもを捕りに来るのを菩薩が防ぐ”という意味で伝えていたそうです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いちのめ

いちのめ 触れ遊び 和歌山県   歌詞 いちのめ にのめ さんのめ しりのめ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ここはおおみの

ここはおおみの(つかまえ鬼) 山口県 歌詞 ここは おおみの とうせんじ おみやげ くれん

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

三月三日のもちつきで【小学生わらべうた】

三月三日のもちつきで <年長・小学生向き> 歌詞 三月三日のもちつきで  トンテントン トンテン

記事を読む

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

季節の歌-かなへびこ

かなへびこ 季節の歌(春)秋田県 歌詞 かなへびこ ちょろちょろ   あそ

記事を読む

手遊び歌-にいがたせんべ

にいがたせんべ (手遊び)新潟県 歌詞 にいがたせんべ しおせんべ どのせんべが やけたか

記事を読む

わらべうた遊び 親子でたのしむおすすめわらべうたの本

コダーイの音楽教育から学ぶ「わらべうた」 子どものころは、かごめかごめ、あぶくたった、などごく限ら

記事を読む

ハンガリーの音楽教育学者・コダーイ

コダーイ・ゾルターンをご存知ですか?ハンガリーでは系統だった音楽教室が、幼児期から行われています。

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑