Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

おおなみこなみで (輪遊び)東京都

歌詞

おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

たかいやまこえて ひくいやまこえて うしかうまかどっち

*もとは縄跳び歌

 

遊び方

真ん中に鬼です。

円になり、手をつないで歌いながら右方向へまわります。

「たかいやま」でその場に止まって手を高く上げます。

「ひくいやま」でそのばにしゃがみます。

「うしかうまかどっち」はまたまわります。

鬼が「牛」ならゆっくり、「馬」なら早く、円の外を10周走り、みんなは周数を数えます。

 

遊びのポイント

もとは縄跳び歌です。

「おおなみこなみで~まわしましょ」は横に揺らし、「たかいやま~」で縄をまわします。

「ひくいやまこえて」のところは中で飛んでいる子がしゃがみます。

牛なら遅く、馬なら早くまわした後、縄の外にでます。

円になって遊ぶ場合は、円の中の鬼が一人用の縄跳びで数回を飛んでもおもしろいですね。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

縄を飛ぶ速度を牛や馬で表現しているおもしろい縄跳び遊び歌です。

牛と馬といえば、いろいろな面で比較対象とされてきました。

たとえば、ご飯を食べた後に言う言葉にはこんなものがあります。

「うまかった、うしまけた」。

これは「うまかった(美味しかった)」を「馬勝った」と洒落て、それに対比して「牛負けた」と揃えて言うものです。

東北の方では牛はベコと呼ばれるので、「うまかった、ベコまけた」なんていう言い方もあるそうですよ。

その他にも、仏教で説かれている地獄の役人として有名な“牛頭馬頭”なども牛と馬が使われています。

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた-こいのたきのぼり

こいのたきのぼり(胴送り)山口県 歌詞 こいのたきのぼり なんというて のぼるか &nbs

記事を読む

わらべうた 季節の歌-たんぽぽ

たんぽぽ  季節の歌(春)群馬県 歌詞 たんぽぽ たんぽぽ むこうの やまへ とんでけ

記事を読む

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

わらべうた-らかんさん

らかんさん(物まね遊び)静岡県 歌詞 らかんさんが そろったら まわそじゃないか よいやさ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-おんよはじょうず

あんよはじょうず (遊ばせ遊び歌)長野県   歌詞 あんよは じょうず ころぶは お

記事を読む

なわとび遊び歌ーおちゃをのみに

おちゃをのみに (縄跳び) 宮城県 歌詞 おちゃをのみに きてください はい こんにちは

記事を読む

わらべうた-せっくんぼ

せっくんぼ(押し合い遊び)鹿児島県 歌詞 せっくんぼせっくんぼ なかんやつぁせだせ せっく

記事を読む

わらべうた-とおれとおれ

とおれとおれ(くぐり遊び)大阪府 歌詞 とおれ とおれ やまぶし おとおりなされ やまぶし

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-いもむしごろごろ

いもむしごろごろ  遊ばせ遊び歌 千葉県 歌詞 いもむし ごろごろ ひょうたん ぽっくりこ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーゆすらんかすらん

ゆすらんかすらん(輪遊び) 広島県 歌詞 ゆすらん かすらん たかいやまこえて ひくいやま

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑