*

わらべうた 鬼あそびーおおまたこまた

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

おおまたこまた(つかまえ鬼)東京都

歌詞

おおまた こまたか かけあしか

 

遊び方

「だるまさんがころんだ」のように、鬼が壁に向かって目を隠します。

他の子は手をつなぎ、少し離れたところから歌いながら鬼に近づきます。

鬼が「おおまた」と言えば大またで、「こまた」なら小またで「かけあし」ならかけあしで逃げます。

鬼は10数え「ストップ」と言います。

3歩まで歩いて誰かをつかまえます。

 

遊び方のポイント

年齢によっては「ストップ」のかけ声の代わりに、太鼓や鈴などの楽器を使ってもよいと思います。

“止まる”タイミングを子どもたちに認識させましょう。

静と動がはっきり分かれている遊びですので、そこを曖昧にしてしまうと面白さが半減してしまいます。

動くところは動く、止まるところはピタッと止まるということを子どもたちにちゃんと伝えることが大事です。

また、円遊びにしても面白いです。

「あめかあられか」と同様に、一人ひとりがルールを理解することが大切です。

「おおまた」「こまた」「かけあし」だけではなく、他の移動手段(例えばジャンプ、ケンケンなど)を考えてもいいですね。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

本来は「だるまさんがころんだ」で遊ぶ前に、どういう格好で鬼のところまで進んでいくかを決める歌です。

大またで進むのか、小またですすむのか、それとも駆け足ですすむのかという、3種類のシンプルな歌ですが、この他にも例えば「がに股」とかお爺さんやお婆さんの格好で進むなど、地方によって様々です。

何度か遊んでこの遊びに慣れたら、いろいろな格好を自分たちで考えて創作するのも面白いと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

遊ばせ遊び歌-いもむしごろごろ

いもむしごろごろ          遊ばせ遊び歌 千葉県 歌詞 いもむし ごろごろ ひょうた

記事を読む

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

季節の歌ーしがこわたりこ

しがこわたりこ 季節の歌(冬)秋田県 歌詞 しがこわたりこ わ た り わたり わたり

記事を読む

ちゃちゃつぼちゃつぼ【小学生向けわらべうた】

ちゃちゃつぼちゃつぼ【年長・小学生向き】 歌詞   遊び方 ちゃ ちゃ  

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-たなばたさん

たなばたさん(手ぬぐい落とし)栃木県 歌詞 たなばた たなばたさん しずかにわたって こが

記事を読む

no image

【小学生わらべうたあそび】トントントン

トントントン【年長~小学生向き】     あそび方 1.「は

記事を読む

季節の歌-かなへびこ

かなへびこ 季節の歌(春)秋田県 歌詞 かなへびこ ちょろちょろ   あそ

記事を読む

なわとび歌-やまでらの

やまでらの (縄跳び) 秋田県 歌詞 やまでらの おしょさんが おきょうをよんで いらっし

記事を読む

手遊び歌-だんごだんご

だんごだんご 手あそび歌 大阪府     歌詞 だんご だん

記事を読む

no image

すずめすずめほしや【小学生向けわらべうた】

すずめすずめほしや 歌詞     遊び方 「すずめすずめほ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑