*

のどの痛みに効き目あり!のどに効果的なキンカンの利用法

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 ecoライフ, 子どもと暮らし

     

風邪をひいたときにでる症状といえば、つらいのどの痛み。どうにかして取り除きたいですよね。
ここでは、のどに効果があるといわれている「キンカン」についてご紹介します。

喉に効果的なキンカンレシピ

キンカンの栄養と効能効果

金柑の生薬名は金橘(きんきつ)。
薬効:咳 痰 食欲不振 消化促進 喉の痛み

古くから粘膜の炎症を沈める作用があるとされ、喉の痛みやのど風邪に効果があるとされています。

喉の粘膜の炎症を抑える金柑と、抗菌作用があるはちみつを使うことで簡単に喉の乾燥や喉の痛みを予防することができます。
風邪による咳、痰、のどの痛みには、砂糖煮を数個食べると良いでしょう。

ビタミンAとCは、共に粘膜を強くする作用がありますので、風邪で荒れたのどを治すにはうってつけです。もちろん、粘膜の抵抗力を高めますので、風邪の症状がなくても常食していれば、風邪の予防になります。

キンカンのはちみつ漬けの材料と作り方

・キンカン20個
・はちみつ1カップ
1.キンカンは洗ってヘタを取り、竹串などで表面にたくさん穴をあける。
2.水けをふきとって保存容器に入れ、はちみつを加えて2,3日おけば出来上がり。

キンカンの砂糖煮の作り方

1.キンカンをきれいに洗い、包丁で皮に縦の切れ目を入れる。
2.鍋にたっぷりの水ときんかんを入れて火にかけ、沸騰したら煮汁を捨てる。これは苦みを取るためで、苦みの好きな人、あるいは苦みのないキンカンを使用した場合は、必要ありません。
3.あらためて鍋にきんかんとひたひたの水、氷砂糖(白砂糖でも可)を入れて火にかけ、艶が出るまで煮つめる。
砂糖は、キンカンの重量の1.5~2倍程度を目安とします。

キンカンのはちみつ漬けは、のどが痛いときに漬け汁を熱いお湯で割って飲むとよく効くんです。のどの痛みにはもちろん、手軽なおやつとしても食べられます。花梨のはちみつ漬けなどと比べると、簡単に作れるのも魅力のひとつで、乾燥した季節に喉を痛めやすい方にはおすすめの果物です。

冷蔵庫に入れておけば2~3週間ほど持つので、多めに作って友人たちにおすそ分けすると喜ばれます。

咳止めに効く 食べ物はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

雨の降り方 梅雨の種類 言葉で表現する美しい日本語 

ここ数年、梅雨らしき梅雨がなかった 今の天気・・・梅雨を思わせるありがた迷惑な秋の長雨。秋に降る雨は

記事を読む

レストランで楽しむための女性のマナー

大人になると、料亭やきちんとした食事をする機会も増えてきます。正式なマナーに従いましょう。中にはドレ

記事を読む

住宅ローンの借り換えについて!銀行へ相談してみました

§固定金利は本当に固定なのか 今回は固定金利について書きます。 私はとある金融機関で当初

記事を読む

自然遊びで親も子も育つ

自然遊びをさせたいけれどどうしていいかわからない。 親である自分が経験がないから、踏み出せない

記事を読む

生姜の効果・効能がすごい 足湯で体のトラブル回避

しょうがといえば、薬味や香りつけになくてはならない存在ですよね。少量用いるだけで動物性たんぱく質の毒

記事を読む

親が子が キャンプで身につく6つのこと

「キャンプって、なんか子どもにいいんでしょ?」とぼんやり思っている人が多いよう。 子ど

記事を読む

食事やあそびへの誘い方 マナーを知って好印象に!

お近づきになりたい人がいたら、一緒に食事をしたり、出かけたりして、より交流を深めていきたいですよね。

記事を読む

no image

ステキな女性になるためのマナー

ステキな人になりたい!誰もが思うことではないでしょうか? 大切なことは、「素敵な人になりたい」

記事を読む

咳に効果あり!つらい咳に効く食べ物

咳が止まらない、咳で眠れない、なんてことありませんか?咳は長引くと体への負担が大きくなります。そこで

記事を読む

風邪 病院に行かない手当て

季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。でも病院に行くと違う風邪をもらってきそうでなるべく行きたく

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑