Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

知育玩具におすすめ ニキーチン積み木の特徴と遊び方

公開日: : 最終更新日:2018/09/16 ニキーチンの幼児教育

     

「知育玩具」というキーワードで出てくるのがこの「ニキーチンの積み木」。

なにがそんなにおすすめなの?いったいどうやって遊ぶの?

そんな疑問も解決!

ここではニキーチンの積み木の特長について紹介します。

ニキーチンの積み木のあそび方と特長

【ニキーチン積み木・ユニキューブ】


知育玩具 木のおもちゃ ニキーチン積木 ユニキューブ
ニキーチン積み木の最も人気の高いシリーズです。

空間把握力を育てるのに適した積み木で、知能開発をする教室などでも似たような積み木がよく使われています。

算数で大事な規則性の発見をしながら、観察力・集中力・思考力を高めていきます。

 

一つのサイコロ6面には、赤・青・黄3色の面が必ずあり、配色のされ方も知能開発遊びができるようにさまざまな配色パターンで塗り分けられています。

 

始めは、同じ色の面を集めて並べたり積み上げたりします。
そのうち、色の塗り方がいろいろあることがわかり、裏や底や中まで想像するようステップアップしていきます。

 

これが三次元空間を考える力となり、物事を正確に注意深く進めることを子どもに教えていくきっかけ作りとなっていきます。

🔶あそび方
色を赤・青・黄など、たくさんのいろいろな色の積み木の山から自分で与えられたテーマの色積み木を見分けながら探し、色別の積み木を並べていきます。例:正方形(5個×5個)

赤い正方形・青い正方形・黄の正方形など、色の概念が定着すると、今度は、視点を平面から立体へと移し、並べた積み木の5面(上部のほか横側4面=底以外)のすべてを同色になるように積み木を正方形に並べていきます。

 

1つの積み木の6面が同じ色ばかりだと簡単な作業ですが、面によって色が異なるので、上から見ると全部同じ色でも、横から見るとどこか、違う色の面が出ていたりします。

 

そのため、子ども達は、6面全部の色と色の位置などを手の中でクルクル回しながら確認し、並べていかなくてはいけません。

 

特に、四つ角は、3面分の色を考えて探さないといけないので、幼児には、大変な作業です。

まだ幼い子どもにとって、これらの作業は、6面全部が同じ色のキューブ積み木と違って、予想以上に注意力・観察力・思考力・集中力が必要とされます。

 

 

この点が、6面同色の他のキューブ積み木より優れているポイントと言えるでしょう。

 

その他にも、模様作りなどを通して、線対称・点対称・順列・拡大・縮小・空間把握力など、いろいろな使い方をすることで、さらなるステップアップ法があります。

【模様づくり】

模様づくりための積み木です。こちらは4色を6面に塗ってある積み木になります。

知育玩具 ニキーチン積木 模様作り 小 木のおもちゃ

また一面が1色だけでなく、三角に分けて2色づかいの面があります。

同じように最初は、積んだり並べたりカラスタート。

そのうち、いろいろな模様や絵ができることを発見します。

 

 

向きを変え、お手本を見ながら、また自分で様々な模様を作れるようにステップアップさせていきます。

三角を合わせると四角になることなども発見させてあげましょう。(注意:決して大人からは教えないでください。)

 

このようにして積み木を多面的な角度で遊び・学び、平面的・空間的に図形認識力・構成力を養っていきます。

美しい模様が自分で作れるようになると、子供自身が喜んで取り組むようになります。

 

また、お手本には無い、自分で作りたいものをイメージしながら並べたり、きれいな図柄を作る喜びを体験する中で、ものを見分ける力や創造力が育ちます。

【みんなの積み木】


ニキーチン積木 みんなの積木
単色積み木で、形によって異なった色になっています。

凸凹の色も形も違う積み木を並べたり、重ねたり、組み合わせて遊びます。

自由な想像に任せて試行錯誤を繰り返すうちに、思いもよらない形が出来たりします。

 

そのうち、立体に興味を持つようになります。

わが子は、正方形に作り上げるのではなく、さまざまな形をつくっては「人形の家」「はたらくくるま」など様々なイメージをもって取り組んでいるようです。

 

型にはまったものが正しいのではなく、自分なりの形をつくることで構成力が身につくのでしょう。

ニキーチンから学ぶ!家庭でできる子育てとは?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

ニキーチンの積み木とおすすめ本

日本に『ニキーチンの知育あそび』の本が紹介されたころ、かつてないカラフルな色使いやゲーム的な要素が親

記事を読む

ニキーチンから学ぶ!家庭でできる子育てとは?

独特の子育てスタイルを築いたニキーチン夫妻。 ニキーチン家の子育ての具体的な例は、『ニキーチン

記事を読む

教育の種類 世界の幼児教育のまとめ

モンテッソーリ、フレーベル、フレネ、シュタイナー、ニキーチン、コダーイ・・・世界には今日までに、子ど

記事を読む

天才児を育てる?夫婦で取り組んだユニークな子育て

ニキーチン教育という言葉を聞いたことはありますか? 世界の教育のなかでも、あまり聞きなれない方

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑