*

日本の民謡やわらべうたの特徴

公開日: : コダーイの音楽教育

     

日本の民謡やわらべうたには、世界でも珍しい特徴が二つあります。

ひとつは、ものすごく音程の幅が狭いということです。

日本のわらべうたを歌うとわかりますが、日本の子どもは耳がいいのです。

日本のわらべうたは、レ・ドという二つの音が基礎になってできています。

このレ・ドという2度の音程を中心としたわらべうたの節というのは、世界でも非常に珍しいのです。

それからもう一つは、わらべうたの数がものすごく多いということです。

これはどこの民族でも同じことですが、民謡という大枠の中に、子守唄とか、わらべうたがあります。

そして、そのわらべうたは民謡という大きなもののへその緒の部分みたいなもので、一番大事な音や、リズムの特徴などを備えています。

そのため、どんなに民謡にいろいろと複雑なものがあっても、日本のわらべうたを聞いたり歌ったりすると、その本質はわらべうたの中にしっかり入っているということが分かります。

 

日本人の創造力

素語りや昔話などは古い民謡の共同体の中で生まれ、伝えられてきたものです。

しかし、それは大人が伝えてきたもので、それを子どもも一緒にきいてきました。

ところが、わらべうたは大人がみんな働きに出ている間、子どもだけが残っていろいろなことをしてきた間に生まれ、伝えられてきたものです。

一切大人の手は入っていません。

子どもたちだけで作り出したもので、子どもが作詞も作曲もしましたし、遊びも考えたのです。

現在残っているわらべうたの分だけでも、各県に1冊ずつありますので、40何冊あるのです。

そういった創造性、自分たちのアイデンティティーというものを守って、途切れることなく豊かなものに変えていきます。

子どもって素晴らしい!ということがわらべうたを遊ぶことにより、知ることにより初めてわかるのです。

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 輪あそびーなみなみわんわちゃくり

なみなみわんわちゃくり (輪遊び) 沖縄県 歌詞 なみなみ わんわちゃくり ゆちぬさ ちぬ

記事を読む

わらべうた遊び 親子でたのしむおすすめわらべうたの本

コダーイの音楽教育から学ぶ「わらべうた」 子どものころは、かごめかごめ、あぶくたった、などごく限ら

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

かくれかご (鬼決め)青森県 歌詞 かぐれかご とかごとになって かぐれろ  

記事を読む

指あそび歌-いちにさん

いちにさん (指あそび) 広島県 歌詞 いちにさん にのしのご さんいちにの しのにのしの

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

わらべうた-じゅうごやんおつきさん

じゅうごやんおつきさん(綱引き)宮崎県 歌詞 じゅうごやんおつきさん はよでやれ こどもは

記事を読む

わらべうた-かごかごじゅうろくもん

かごかごじゅうろくもん (ゆすり遊び)京都府 歌詞 かごかごじゅうろくもん えどからきょうまで 

記事を読む

わらべうた-あずきしょ

あずきしょ(背負い遊び)宮城県 歌詞 あずきしょ まめしょ いどばたに ちゃわんかけ おど

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

わらべうた 輪あそびー人工衛星

人工衛星(輪遊び) 東京都 歌詞 じんこうえいせい じんこうえいせい とんだ 遊び方 輪にな

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑