*

モンテッソーリ教育は自由教育?モンテッソーリ教育の特徴と幼稚園のスタイル

公開日: : 最終更新日:2020/04/27 モンテッソーリ教育

     

幼稚園・保育園を考えている保護者の方の中には「モンテッソーリ」という言葉を耳にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏ら、世界的な著名人も学んだことで知られる幼児教育ですが、モンテッソーリ教育ってよく聞くけれど、具体的にはどんな教育?と思っている方も多いはず。

世界中で実践されているモンテッソーリ教育についてご紹介します。

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリメソッドとは、教育者であるマリア・モンテッソーリが「子どもの観察」から確立した教育法です。

世界中で支持され、教育界に最も大きな影響を与えた教育法の一つとされています。

 

モンテッソーリ教育~美しい教材とグループ活動

モンテッソーリ教育は英才教育であるように思われがちですが、簡単にいうと

子どもの発達をとことん見つめ、子どもの自主性を信じ、伸ばす教育です。

 

そして大きな特徴として「環境と教具」があげられます。

子どもは生まれながらにして「やってみたい」という意欲と力をもっています。

その子どもの自発性を尊重し、子供の育ちに見合った環境を整えることが大切です。

大人の価値観で一方的に教え込もうとするのではなく、子どもの興味や発達段階を正しく理解し、子どもが触ってみたい、やってみたいと思う環境に大人自身がならなくてはなりません。

 

モンテッソーリは、感覚器官と運動器官と脳が完成する幼児期に経験すべきことを、教材を通して行えるようにしました。

それが、モンテッソーリ教育でつかわれる教具です。

 

もうひとつ、重要なモンテッソーリ教育の特徴は、3つの異なる年齢の子どもたちを一つのグループにして指導することです。

子どもは個々によってそれぞれ速度の異なる発達をするもので、同年齢の子どもに一様に同じことを教えるよりも、それぞれの子どもの発達を観察しながら、個別の速度に従ってそれに相応しい刺激を与えるのが教師の役割である、というのがモンテッソーリの考え方です。

 

0~3歳の7つの教育

いつも決まった場所でないと気が済まない。

いつも同じ場所でないとイヤ・・・・。

 

この特別な感受性をもつ時期をモンテッソーリは

『秩序感に対する敏感期』

と名付けました。

 

この敏感期は0~3歳と3~6歳の2回訪れます。

0~3歳の時期は

「吸収する精神(無意識)」

と呼ばれ、人生の中でもっとも吸収力が強く、その後何年かけても達成できないようなことをいとも簡単に獲得し、人間社会に「適応」していく時期です。

子どもの自己教育力を発揮させる環境として7つの教育環境が用意されています。

 

1.粗大運動の活動

運動の獲得は、子どもの成長の方向である自立への一歩です。
ここでいう「運動」とは歩く、階段の昇り降り等の全身を用いた大きな動きをさします。

ずり這いから歩行までの運動の獲得を援助します。

 

 

2.微細運動の活動

手、指を使った運動をさします。
握る、落とす、たたくなどの動きを通して微細運動の獲得を促します。

 

 

3.日常生活の練習

粗大運動と微細運動が複合的に合わさった活動です。

共同体の一員として日常の活動に参加させることにより、環境への適応を促していきます。

着衣、観葉植物の世話などの活動が含まれます。

 

 

4.言語教育

ことばの獲得は、人間の本能です。

子どもは「話しことばの敏感期」にしたがって、自分の周囲で話されている母語を獲得します。

しかし、ことばの量や質は環境に左右されます。

モンテッソーリ教育の『言語教育』では、子どものことばの発達段階に合わせてきめ細かなステップを用意し、豊かな語彙を養います。

 

 

5.感覚教育

子どもには、無意識に環境をまるごと吸収する精神が存在します。

吸収する精神によってため込んださまざまな感覚的な印象は、感覚教具に触れることによって整理されていきます。

「感覚の敏感期」を考慮し、発達段階や興味に応じた感覚教具に触れることにより、感覚の洗練を促します。

 

 

6.音楽

世界中のどの文化にも音楽があり、子どもは音を聴くと、自然に体を動かしたり、楽器を鳴らしたりして、表現することを楽しみます。

音楽を聴くこと、楽器を鳴らすこと、歌うこと、踊ることなどを促す環境を用意します。

 

 

7.美術

クレヨンや絵筆を握って絵を描いたり、粘土をこねたりします。

目と手の協応動作の獲得を促すだけでなく、思いのまま自由に表現することを楽しむ活動です。

 

 

0~3歳ごろまでにやっておきたいこと~モンテッソーリ教育

 

 

3~6歳の5つの教育

3歳から6歳までの時期は、

「意識の芽生え」

の時期と呼び、前期に無意識に吸収したさまざまな事柄を、意識的に整理、秩序化していく時期です。

子どもの自己教育力を発揮させる環境として5つの教育分野が用意されています。

 

 

1.日常生活の練習

モンテッソーリ教育の基礎である課目です。

大人が行う日常生活のさまざまな動作をまねします。

たとえば、ひも通しによる縫う練習、まゆばさみによる箸を使う練習、金属磨きによる磨く練習などです。

日常生活の練習によって、子どもは秩序立った体の動かし方を身につけるとともに、自立心や独立心を育みます。

2.感覚教育

感覚を洗練させ、ものの考え方を身につけさせる教育法です。

感覚教具は、「対にする」「段階づける」「仲間分けする」という3つの操作法が組み込まれています。

後の「言語教育」「算数教育」「文化教育」の礎となります。

代表的な教具は、円柱さし、音感ベル、ピンクタワーなどです。

 

3.言語教育

話す、書く、読むの作業を通じて言語発達を豊かにする教育法です。

絵と文字が書かれた絵カードや、文字を並べ替えて言葉や文章を作る文字カードを使います。

語彙や文法、文章構成を学びます。

 

4.算数教育

感覚から抽象へ、具体から抽象へと導きます。

数の概念の基礎、十進法、簡単な計算を学びます。

代表的な教具は算数棒やビーズなどです。抽象的、論理的な力が身につきます。

5.文化教育

身近なものに触れながら、歴史や地理、生物、音楽について学びます。

代表的な教具は世界地図パズルや時計などです。

 

 

モンテッソーリ教育は家庭でできる?育児の考え方Q&A

モンテッソーリ幼稚園の活動内容

モンテッソーリ教育は主に幼児教育として知られていますが、小中学校とあり、一貫した教育プログラムで構成されています。

モンテッソーリ教育を実践している幼稚園の日常はどんなものなの?と気になるあなた。

そこではなんでもチャレンジして、できるまでじっくり取り組む子どものいきいいきした表情がたくさんあります。

英才教育であるように思われがちですが、モンテッソーリ教育は子どもの発達をとことん見つめ、子どもの自主性を信じ、伸ばす教育です。

ここでは、モンテッソーリの幼稚園の一日をご紹介します。

 

幼稚園の主な流れ

登園後、自分で着替え、自由に活動し始めます。

自由活動ではモンテッソーリの教具を中心に使います。(モンテッソーリ教育ではあそびの道具を「教具」と呼びます)。

教具は、「日常」「感覚」「言語」「数」「文化」の種類があります。

文字のカードを組み合わせるもの、切ったり貼ったり縫ったり、色水を注いだりするものなどさまざま。

好きなものを選び、満足のいくまでじっくり遊びます。

子どもが成長するには、自信をつけることが大切です。

一人でできることが増えると自信がつく。

教具はそのための手段です。

モンテッソーリ教育というと小学校受験のイメージがありますが、もしモンテッソーリが受験なんて聞いたら悲しがるでしょう。

モンテッソーリ教育では、子ども一人ひとりの人格として尊重すること、そしてそのうえで子どもが自立して活動しやすいように、周囲環境を整えることに重視しています。

自由活動の後は、外遊び開始。

子どもは大きい遊具や小さい遊具など、自分で選び遊びます。

 

お昼になると、こどもたちはお昼の準備を始めます。

当番の子が、お茶くみや配膳を行います。

最初は先生から「時計の針がここに来たらお集りよ」と言われますが、慣れると自主的に自分で時間の管理ができるようになります。

お昼の後はまた外遊び。

帰りの準備はの後は、クラス別の活動へと変わります。

 

クラス編成

モンテッソーリ教育は異年齢の縦割りのクラスで編成されています。

できないことは先生はもちろん、おねえさん、おにいさんが手伝ってくれます。

年少は幼稚園のルールを年長の子から学びます。

園では何をしてもいいけれど、使ったものは元の場所に戻し、人のものは横取りしてはいけないこと。

遊びの時間ははじめも終わりも自分で決められるけれど、お弁当や帰りの時間は守らなければならないこと。

自由が基本にある時は、相手の自由も尊重すること。

そうした園のルールだけではなく、子どもの間で自然にできたルールもあります。

 

 

自主活動の準備も片付けも全部自分で

すべての教具は、子どもが手に取りやすいようにいつも決まった場所に整然として収められています。

使ったら元の場所に戻すのがルール。机を汚してしまったら、ぞうきんを絞って拭いたり、手が汚れたら洗ったりと自主的に動きます。

 

🔶0~3歳ごろまでにやっておきたいこと~モンテッソーリ教育

🔶3~6歳頃にやっておきたいこと~モンテッソーリ教育

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

モンテッソーリ幼児教育と特長

幼稚園・保育園を考えている保護者の方の中には「モンテッソーリ」という言葉を耳にしたことのある方もいら

記事を読む

0~3歳ごろまでにやっておきたいこと~モンテッソーリ教育

子どもは1歳前後になると、さまざまな手の動きができるようになります。 手を使うことは、自分の生

記事を読む

モンテッソーリ教育は家庭でできる?育児の考え方Q&A

興味はあるけれど、実際はどうしたらいいのかわからない!? モンテッソーリ幼稚園では教材を使った

記事を読む

モンテッソーリを読む!モンテッソーリ教育おすすめ7選

モンテッソーリの本~BOOKS~ モンテッソーリについての本は数多く出ています。 何を読んだ

記事を読む

いやいや期

イヤイヤ期?接し方がわかる7つのヒント

モンテッソーリは「子どものいちばん近くにいる人が、子どもの専門家」なのだといいます。 ここでは

記事を読む

3~6歳家庭でできる子育てのヒント~モンテッソーリ教育

3~6歳は「感覚・運動」の敏感期   モンテッソーリは、3~6歳頃に五感が研ぎすまされ(感

記事を読む

親が子どもに教えてあげたい大事なこと

家庭でできる子育てとは? 子どもが生まれてから幼稚園に行くまで教育なんてしなくてもいい!なんてこと

記事を読む

教育の種類 世界の幼児教育のまとめ

モンテッソーリ、フレーベル、フレネ、シュタイナー、ニキーチン、コダーイ・・・世界には今日までに、子ど

記事を読む

3~6歳頃にやっておきたいこと~モンテッソーリ教育

子どもは日常生活のなかで、からだを動かし、脳やからだの機能を完成させていきます。 4歳頃からは

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑