Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

蜜ろうキャンドルを手作り 甘い香りに包まれる癒しの時間

公開日: : 最終更新日:2018/12/04 子育て日記

     

蜜ろうキャンドルの明るさを知っていますか?

市販のろうそくの灯りとは明るさが全然違うんです!!

 

そんな蜜ろうキャンドルのワークショップへ参加してきました。

シュタイナー幼稚園の保護者が主催するキャンドルづくり。

小さい子どもも参加できるものだったので、キャンドルの土台を一緒に作ったりなど、甘い香りに包まれて癒しの時間を過ごすことができました。

蜜ろうの魅力を知って、我が家では今年はたくさんの蜜ろうキャンドルに火を灯すことにしました。

蜜ろうの光を体験してみてはいかがでしょう。

 

蜜ろうとは?

「みつろう」とは、みつばちの巣を構成する蝋を精製したもの。

ミツバチが生み出す蜜ろうは、様々な方法で用いることができます。

ろうそく、床や革製品のワックス、医薬品、化粧品の原料などが主な使用方法です。

古くからロウソク作りに伝わる天然の蝋で、今回はそのみつろうのみを原料としてキャンドルをつくりました。

蜜ろうの種類

蜜ろうは、ブロックタイプ、パスティルタイプ、シートタイプがあります。

それぞれの用途によって使い分けをするのがポイント。

 

◆ブロックタイプ
蜜蝋がブロック状態になっているため、蜜蝋キャンドルや蜜蝋クリームをたくさん作りたいときに便利です。

ブロックタイプはパスティルタイプよりも安く購入できるのがおすすめポイント。

ブロックを砕くのは力作業になりますが、少しずつ使いたいときは、ピーラーなどを使うと簡単に削ることができます。


ニホンミツバチミツロウ(日本蜜蜂,蜜蝋)ブロック2個(100g)【個包装なし】【あす楽対応】

 

 

◆パスティルタイプ
蜜蝋が小粒状になっているため、溶けやすく、使いたい分量だけ作ることができます。

ハンドクリームやボディクリーム、ハンドメイドキャンドルを作るのに便利です。


精製 蜜蝋(ビーズワックス) 小粒 50g 【 ミツロウ みつろう ハンドクリーム ボディクリーム ワックス 手作り ハンドメイド キャンドル ろうそく サシェ 】

 

 

◆シートタイプ

シートタイプは主にキャンドル作りに使われます。

手で曲げたり、芯にまきつけたり、はさみで切ったりして、キャンドルを簡単に作ることができます。

火を使わないので、ちいさな子どもも安心して一緒に作ることができます。

蜜蝋シート キャンドル 入門セット 【 みつろう ハニーカム ハニカム キャンドルキット 蜜蝋キャンドル ロウソク シート ビーズワックス ビーズキャンドル みつろう ミツロウ プレゼント ギフト 贈り物 クリスマス 蜜蝋ワックス 手作り ろうそく 自由研究 キャンドル 】[c]
一番手軽にできる蜜蝋キャンドルは、こちらのシートタイプ。

シートタイプは芯を置いて巻き付けていくだけなので、簡単にキャンドルづくりが楽しめます。

 

 

蜜ろうキャンドルの作り方

ワークショップのキャンドルづくりでは、蜜ろうシートを使ったものと、パスティルタイプの蜜ろうを溶かして、ディッピングするものの2種類を作りました。

ディッピングとは、鍋に溶かした蜜ろうに繰り返し糸を浸ことで、ロウを太くして、キャンドルを作り上げます。

◆準備するもの
・蜜蝋
(※未精製のものがおすすめです。漂白された精製タイプでは、色は白く、香りもありません。)
・たこ糸
(あれば、キャンドル用の芯)
・片手鍋
(蜜蝋が付着するため、料理で使わない鍋を使用)
・新聞紙
(作業する場所全体に敷き詰めます)
・エプロン
(または、作業は汚れてもよい服)
・クッキングシート
(鍋のまわりに敷いておくと垂れたロウが取れやすくなります)
・軍手
(スチール缶を持つときにあると便利)
・わりばし
・スチール缶
(蜜蝋を溶かしたものを入れていきます。アルミ缶は湯せんの際に浮いてしまうため、おすすめできません)

 

◆ディッピングキャンドルの作り方

<準備>
蜜蝋は少量ずつ鍋に入れて溶かし、スチール缶へ入れて湯せんで温めておく。
たこ糸はスチール缶の長さほどに切っておく。
切ったものの端を割りばしに結び付ける。

 

<作り方>
1.芯になる部分を蜜蝋でコーティングする
(スチール缶にいっぱいになった溶けた蜜蝋の中に芯を入れる)

2.芯を引っ張ってまっすぐにする
(芯をまっすぐにすることでろうそくの形が変わってきます)

3.固まった芯を溶けた蜜蝋の中に浸す(ディッピング)

4.芯を蜜蝋から引き上げて30秒〜1分ぐらい冷ます
〜3.4の繰り返し〜

5.ある程度の太さになったら、洗濯干しなどに吊るして冷ます

6.冷めたら芯の先をカットして出来上がり

*ロウが芯を伝って下に垂れてくるので、芯のないロウの部分はカットしましょう。
*キャンドルの芯の太さとロウの太さのバランスが悪いと、芯だけが燃えてロウに穴が開いているような形になります。
*終わったあとは、バットなどに入れて固まらせて、再度使えるようにします。

 

こちらはディッピングで作った蜜ろうキャンドル。

下にロウが垂れていくので、自然と太さが安定していきます。

蜜ろうシートを使った蜜ろうキャンドル。


キャンドルフォルダーは、切り板の上に松ぼっくりやバラの実などをのせて作りました。

キャンドルを置くところはマドレーヌのカップなどを置いて、キャンドルホルダーにしました。

家庭でもできる蜜蝋キャンドルのキットもあるので、気軽に楽しむことができます。
ミツロウキャンドル 手づくりキット ※説明書付き【お取寄せ品】

キャンドル芯 2×3+2 / 10m 日本製 H芯【 平芯 芯 糸 キャンドル用 】

 

 

蜜蝋キャンドルの効果

蜜ろうキャンドルは、すすや黒煙を発生させずにゆっくり燃え、ほのかな甘い香りがするので、食事やくつろぎのジャマをしません。

温かなオレンジ色の炎は、食事の色をより美味しく見せてくれます。

 

また、蜜ろうは豊富な栄養や抗菌力を持つため、太古の昔から現在まで美容や医療品として使われています。

キャンドルに炎を灯すことで、その蜜ろうの成分を呼吸器から取り入れることができます。

キャンドルを灯火すると栄養分が空気中に気化し、肺から毛細血管へと入り全身を巡ります。

そのため、ロウも香り成分も天然100%でなければ、体を害する事になってしまいます。

化学品を使ったキャンドルを継続的に吸い込むと、アレルギー体質になる方もいるため注意が必要です。

左の2本は蜜蝋キャンドル、右のろうそくはイケアで購入したもの。

 

◆マイナスイオン効果

キャンドルに灯火することで、マイナスイオンが発生します。

マイナスイオン効果の主なものは、ストレスを軽減し、リラックス効果があること。

また、空気を清浄に保つ効果もあります。

特に蜜ろうキャンドルは滝の4〜6倍のマイナスイオンを発生させると言われています。

 

◆ボディークリームとしての効果

蜜ろうはキャンドルだけでなく、化粧品に柔らかい感触を与えたり、他の油脂や配合成分を均質化、分散化して、安定させる効果があり、安心・安全なだけでなく、すぐれた乳化剤としての効果をもっています。

肌や唇をしっとりとやわらかくする効果があり、保湿成分としてもかなり優秀です。

 

まとめ

いかがでしたか?

作ったろうそくに灯りをともしたら、子どもたちが

「今日はろうそくの灯りで夕ご飯を食べよう!!」

といいました。

電気を消してみると、思った以上に明るい!!

子どもたちも、蜜ろうロウソクの明るさに驚いていました。

ランタンにロウソクをもってキャンプへ行きますが、ロウが違うとこんなに光が違うんだなぁ~と感じました。

市販されているキャンドルは、「パラフィン」という石油由来の蝋を使用している物がほとんどですが、蜜ろうで出来たキャンドルは、蜂から採れる自然由来の成分で出来ているので、安心して使えるキャンドルです。

ストレス軽減など、体への影響を考えるとぜひ使ってほしいのは、蜜ろうキャンドルです。

冬至に向かって暗くなっていくこの時期に、キャンドルの灯りで癒しの時間を作ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

オランダとスペイン出張

旦那さんが海外出張から帰ってきました。今回は、スペインとオランダに行ってき たそうです。海外は行く

記事を読む

簡単!お正月レシピ

気がつけば、年の瀬ですね~。年末は大掃除や、お正月に向けてのおせち料理の準備やらで忙しいですよね・・

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

夏風邪ひきました・・・

今日は久しぶりに、中学の同級生と遊ぶ約束をしていました。何年ぶりかしらぁ(^^♪ にもかかわらず、子

記事を読む

シュタイナー幼稚園の遠足

長いお休みゴールデンウィークも終わり、末っ子も幼稚園に慣れてきて、楽しい遠足がありました。 遠足は近

記事を読む

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

夏休みの宿題への取り組み

夏休みの宿題もひと段落・・・と言いたいところですが、長女の九九の丸暗記がいまいちのようで日々練習中で

記事を読む

子どもの成長発見!月例祭という発表の場

初めての学校で初めての月例祭というものを体験してきました。 月例祭とは。。。発表会みたいなものだそう

記事を読む

シュタイナーの誕生日の祝い方

  もうすぐ次女の8歳の誕生日。 シュタイナー教育では誕生日のときにみんなから祝ってもらう

記事を読む

no image

こどもの遊びとテレビゲーム

甥っ子があそびに来てくれました(^^♪が・・・・・・   最近の子どもは本当に

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑