*

口コミで選ぶ?幼稚園の選び方

公開日: : 子育て日記

     


わが家の末っ子の通っているシュタイナー幼稚園では、慣らし保育を一人で短い時間通う、というものでしたが、知人の娘さんが通うシュタイナー幼稚園では、親子で一日幼稚園を過ごしているようです。
私も初めは
「シュタイナー教育って子どもを主体に考えていそうだから、初めは親子で一緒に過ごすのかなぁ?」
なんてことも考えましたが、そこは園での方針もさまざまなようです。
 
そう思うと、シュタイナー教育と言っても、やはりその園、学校での特色はさまざまで、これは公立の幼稚園や学校、私立の幼稚園や学校でも変わらないところだなと感じました。
 
そういえば、以前シュタイナー幼稚園に通わせてみた人のブログを読んだことがありましたが、かなりひどかったようでシュタイナー教育に対して批判的な意見が多く綴られていました。
 
それを読んだときは、まだシュタイナー教育を受けさせようか悩んでいた時だったので、かなりショックで、ものすごーーーーーーーーく悩みました(~_~;)
 
でも、実際に自分の目で学校や幼稚園に行ってみて、先生と話しをしてみて、最終的にはシュタイナー教育を選びました。
 
感じるものは人それぞれだから、すべてがいいよ!とは言えないけれど、こんな選択肢もあるんだよ!と私は伝えていきたいなぁと思った。
 
まぁ、入ってみないとわからないということもありますがね(;^_^A。
 
シュタイナー教育がどう・・・・ではなく、子どもが通う場所がどんなところであるのか、ということを親として見極めて通わせてほしいなと感じました。
 
今の時代はほんとに便利で、いろんな人の口コミや評価をみることができるから、何がいいかの基準は、きちんと自分の物差しを持っていないと危ないなと感じたりもします。
 
うちの娘たちは、とりあえず地域でそこそこ評判のいい幼稚園に入園させましたが、幼稚園の方針が子ども自身に合う、合わないもあるんだ…ということを入園してから知りました・・・(;^_^A。
 
そして、最近よく聞く「こども園」。この仕組みもありがたいようで、結構無茶なことやっているんじゃないかなと思う。
娘たちの通った幼稚園は、途中で「こども園」に変わったおかげで、よかったはずの園の方針もがらりと変わってしまって、今では全く別の幼稚園になってしまった。
 
そう思うと幼稚園や学校選びは、トップである経営者(園長先生や校長先生)がどんな人物なのか、を知っておくことが大事ですね。
 
トップである人が、どんな思いで子どもたちを育てようと思っているのか、そこが共感できる場所であれば家庭と一緒に子育てをしてくれるはずです。
 
 

スポンサーリンク

 

関連記事

子育ての悩みとママ友の悩み 見えてきた子どもの成長

気がつけば、2学期も半分が過ぎていました。 年少の息子は1学期の間、というよりは入園したばかり

記事を読む

オイリュトミーとは何だろう?体験してみて感じたこと

先日、親子で体験するオイリュトミー講座に参加しました。 そもそもオイリュトミーってなんですか?

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

親子で木曽駒ケ岳登山

10歳になった娘と二人で木曽駒ケ岳に登山へ行きました。 小学4年生・・・というと9~10歳のい

記事を読む

第二アドベント ライアーの演奏

第二アドヴェントとなる12月の2週目。 わが家でもクランツに二本目のろうそくに火が灯りました。

記事を読む

夏休みの宿題への取り組み

夏休みの宿題もひと段落・・・と言いたいところですが、長女の九九の丸暗記がいまいちのようで日々練習中で

記事を読む

3年生 家づくり開始 

  シュタイナー学校では3年生(9歳)は世界との出会いの時期だといいます。 自我が芽生え

記事を読む

長い休日

9月に入ってから、急激に気温が下がり涼しくなりましたね。 今日は朝から雨が降り、一段と気温が下がっ

記事を読む

長女と宿題

長女が学校の「宿題がわからない~~~!!!」と大騒ぎをしていたので、夕食の あとに一緒に見てみること

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑