*

口コミで選ぶ?幼稚園の選び方

公開日: : 子育て日記

     


わが家の末っ子の通っているシュタイナー幼稚園では、慣らし保育を一人で短い時間通う、というものでしたが、知人の娘さんが通うシュタイナー幼稚園では、親子で一日幼稚園を過ごしているようです。
私も初めは
「シュタイナー教育って子どもを主体に考えていそうだから、初めは親子で一緒に過ごすのかなぁ?」
なんてことも考えましたが、そこは園での方針もさまざまなようです。
 
そう思うと、シュタイナー教育と言っても、やはりその園、学校での特色はさまざまで、これは公立の幼稚園や学校、私立の幼稚園や学校でも変わらないところだなと感じました。
 
そういえば、以前シュタイナー幼稚園に通わせてみた人のブログを読んだことがありましたが、かなりひどかったようでシュタイナー教育に対して批判的な意見が多く綴られていました。
 
それを読んだときは、まだシュタイナー教育を受けさせようか悩んでいた時だったので、かなりショックで、ものすごーーーーーーーーく悩みました(~_~;)
 
でも、実際に自分の目で学校や幼稚園に行ってみて、先生と話しをしてみて、最終的にはシュタイナー教育を選びました。
 
感じるものは人それぞれだから、すべてがいいよ!とは言えないけれど、こんな選択肢もあるんだよ!と私は伝えていきたいなぁと思った。
 
まぁ、入ってみないとわからないということもありますがね(;^_^A。
 
シュタイナー教育がどう・・・・ではなく、子どもが通う場所がどんなところであるのか、ということを親として見極めて通わせてほしいなと感じました。
 
今の時代はほんとに便利で、いろんな人の口コミや評価をみることができるから、何がいいかの基準は、きちんと自分の物差しを持っていないと危ないなと感じたりもします。
 
うちの娘たちは、とりあえず地域でそこそこ評判のいい幼稚園に入園させましたが、幼稚園の方針が子ども自身に合う、合わないもあるんだ…ということを入園してから知りました・・・(;^_^A。
 
そして、最近よく聞く「こども園」。この仕組みもありがたいようで、結構無茶なことやっているんじゃないかなと思う。
娘たちの通った幼稚園は、途中で「こども園」に変わったおかげで、よかったはずの園の方針もがらりと変わってしまって、今では全く別の幼稚園になってしまった。
 
そう思うと幼稚園や学校選びは、トップである経営者(園長先生や校長先生)がどんな人物なのか、を知っておくことが大事ですね。
 
トップである人が、どんな思いで子どもたちを育てようと思っているのか、そこが共感できる場所であれば家庭と一緒に子育てをしてくれるはずです。
 
 

スポンサーリンク

 

関連記事

日野原重明さんの生きること

日野原重明さんが18日に亡くなったとの報道を聞きました。 特別思い入れがあったわけではありませんが、

記事を読む

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。 そのときに気になった「文字のきれいさ」につ

記事を読む

ネコ好きにはたまらない!?猫のすがた

わが家のネコ「おと」は、もともと野良猫だったこともあり、家族以外にはほとんど姿を見せません。

記事を読む

アドベントガーデンりんごろうそく

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。 今年は、はじめての幼稚園で「りんご

記事を読む

シュタイナー幼稚園初登園

  3人兄弟ではじめてシュタイナー幼稚園に通わせることになった我が家の末っ子。 赤ちゃん

記事を読む

赤ちゃんと息子

一年ぶりに友人と会うことになりました。 一年前はまだ子どもがいなかったけれど、今年出産したので、今回

記事を読む

はじめての幼稚園。子どもの心親知らず?

末っ子の幼稚園が始まり、二日目の朝。 息子は朝になって出かけるときになると、 「ママと一緒にお部屋に

記事を読む

no image

ヨハネ祭の意味 夏至から子どもに伝わるもの 

先週、学校でヨハネ祭がありました。 このヨハネ祭では、全学年が集まってゲームやダンスを踊ったり

記事を読む

夏休み宿題

甘やかし?小学生の夏休みの宿題の意味ってなんですか?

ニュースを見ていてふと目に止まった「宿題代行」という文字。 これはいったいなに事??と思っ

記事を読む

学童保育のお手伝い

今日で一学期も終わり。長いようあっという間でした。。 そして一学期最後の大仕事??学童の補助に初めて

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑