Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた-こいのたきのぼり

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

こいのたきのぼり(胴送り)山口県

歌詞

こいのたきのぼり なんというて のぼるか

 

遊び方

大勢が向かい合って手を組み、その上に子どもを乗せて揺らしながら前方へと送ります。

*幼児には組手の方は難しいので組手は大人が行いましょう。

 

遊び方のポイント

一列になり、先頭は鯉の頭になって歌に合わせて波をつけながら歩いても。

上下に体を動かして鯉が勇ましく滝を登っていく表現をしてみましょう。

大人が鯉(魚)の人形を作って滝登りをしている姿をみせながら歌うのもいいですね。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

この歌の続き部分として『紀州童謡』には「水が恋しいといふて登る」とあります。

「恋の滝登り」とは“濁流の滝を勇ましく登りきった鯉はやがて龍になる”という伝説から、登竜門すなわち立身出世を意味するとされています。

日本における鯉のぼりの風習もこれが起源といわれ“男の子の成長と出世を願う”といった意味が込められています。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた 季節の歌-かなへびこ

かなへびこ 季節の歌(春)秋田県 歌詞 かなへびこ ちょろちょろ   あそ

記事を読む

指あそび歌-いちにさん

いちにさん (指あそび) 広島県 歌詞 いちにさん にのしのご さんいちにの しのにのしの

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

日本の民謡やわらべうたの特徴

日本の民謡やわらべうたには、世界でも珍しい特徴が二つあります。 ひとつは、ものすごく音

記事を読む

わらべうた遊び 親子でたのしむおすすめわらべうたの本

コダーイの音楽教育から学ぶ「わらべうた」 子どものころは、かごめかごめ、あぶくたった、などごく限ら

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(触れ遊び)-チッチここへ

チッチここへ (触れ遊び)高知県 歌詞 チッチ ここへ とまれ とまらん チッチは とんで

記事を読む

わらべうた 鬼決めうたーへらへらのかみさま

へらへらのかみさま (鬼決め)愛知県 歌詞 へらへらの かみさまは しょうじきな かみさまで

記事を読む

指あそび歌-ちゃつぼ

ちゃつぼ (指あそび)広島県 歌詞 ちゃちゃつぼ ちゃうぼ ちゃつぼにゃ ふたがない そこ

記事を読む

わらべうた-ひとりでさびし

ひとりでさびし(お手玉)宮城県 歌詞 ひとりでさびし ふたりでまいりましょう みわたすかぎ

記事を読む

わらべうた-とおれとおれ

とおれとおれ(くぐり遊び)大阪府 歌詞 とおれ とおれ やまぶし おとおりなされ やまぶし

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑