*

きれいな字を書くには?子どもの文字に対する意識の差

公開日: : 子育て日記

     

夏休みの間に、公立へ通っている友だちと遊びました。

そのときに気になった「文字のきれいさ」について少しお話します。

 

うちの娘が、画用紙に何やら書いて張り紙をしていました。

そこには・・・・

 

 

「ここは立ち入り禁止

入りたければ、あいことばをいえ」

 

の文字。

 

これを見た、公立のお母さんが

 

「これ誰が書いたの~~?字が下手・・・・」

 

と言いました。(悪気はない感じで・・・(;´∀`))

ちなみに書いたのは小学2年生の娘です。

 

そこから、学校の授業の話になりました。

 

 

友人「学校で書き取りとかやっていないの??」

私「そういえば、公立でやっていたような書き取りは見たことないなぁ。同じ字を書き続けるやつでしょ??」

友人「そうそう。」

私「文章の書き取りはやっているけれど、同じ字を10個も20個も書くようなことはしていないみたい。」

友人「そーなんだー。」

 

そんなような会話をしましたが、確かに字をきれいに書けるようになるには、何度も何度もきれいな字になるように練習する必要があるなぁと感じました。

 

 

私自身も、字が下手よりはきれいな字の方がいい!!!と思って、ユーキャンの「実用ボールペン字」をやったことがあります・・・(;´∀`)

その練習方法は・・・・・

 

 

やっぱり、きれいな字を真似して、何度も書く!!!!

 

 

そして、赤ペン先生のチェック!!!

 

 

でした。

小学生といっしょだ~~~(笑)

 

 

ここで小学生と大人の違いは、

字のバランスがわかるか、きれいな字を書きたいと思って書くか、

だと思います。

 

小学生の場合は「からだに叩き込む!!!」みたいなところがありますが・・・(;^_^A

 

 

それはさておき、娘たちの通うシュタイナー学校の先生は「きれいな字」を目指してはいないような気がします。

公立の学習との違いはそういった「目に見えるものの違い」なのかなと私は思います。

(シュタイナー教育はテストがなく、目に見える点数評価がありません)

 

 

シュタイナー教育ではフォルメンという授業がありますが、そこでははじめに 直線と曲線 を書く練習をします。

 

「世界は直線と曲線でできている」

 

これを世の理として伝えていくようですが、この直線と曲線を思いのままかけるようになる練習をします。

実際にまっすぐ歩いたり、曲線を歩くなどして、直線と曲線を体で感じて身につけていくようです。

それは、絵を描くことや文字を書くことにもつながります。

 

 

 

長女は2年間公立へ通って、漢字の書き取りの宿題を毎日のようにやっていましたが、彼女は「とにかく書けばいい!!」といった感じで、きれいに書くという意識は見られませんでした・・・・( ;∀;)

 

 

そんな彼女ですが、シュタイナー学園へ転向してから、ずいぶんと字がきれいになりました。

なんでだろう??

そう思ったときに

まっすぐ書くこと、曲線を書くこと

フォルメンの授業を通して、その意識も出たのではないかと思います。

 

そして、書き取り練習は先生の見本の文章を真似て、ひらがなも漢字も同じように書く練習をしていました。

私的にはひらがなも漢字も一緒に見てもらえてよかった~~~と思いました( ´艸`)

 

彼女にはシュタイナー教育がピタッとはまったのでしょうね。

 

でも、公立でやっているように、漢字ドリルや書き取りをやっていると早く字がうまくなるかなぁ~なんて、親心・・・いろいろ考えさせられます(;^_^A

 

次女はどんな字を書くようになるのか・・・・楽しみです・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

いざ!シュタイナー学校へ転入!

わが家の長女は公立小学校へ2年生まで通いました。 長女は学校が嫌いになり、不登校まではいきませ

記事を読む

no image

学童保育のお手伝い

9月に入って、ようやく雨が降るようになりましたね。 しかし、突然の雨にはドキドキしてしまいます

記事を読む

不安の中の9歳

9歳の長女と3歳になった末っ子長男がしばしばケンカをするようになりました。 今回は本が大好きな長女は

記事を読む

子どもの経験から得るもの

子どもたちが退屈そうにしているので、なにかおやつでも作ったら?? と声をかけたら、「やるー!!」と

記事を読む

寒い日の部屋遊び カプラを楽しむ

今朝は思った以上に寒くて、なかなか布団から出られませんでした。 日の出の時間も遅くなってきてい

記事を読む

no image

縦割り保育のありがたさ

幼稚園三日目は雨が降っていました。 合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、 「ぬれち

記事を読む

ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」 言葉たり得ないもの

数が増えるほど、そのものの価値や意味合いが軽くなってしまうというのは何に おいてもよくあることです

記事を読む

9歳になった次女

次女はいくつになっても親の視点から見ると、かわいい次女。 でも、ちゃんと歳を増やしているんです

記事を読む

3歳児お弁当の包み方

息子が幼稚園に行き初めてようやく一か月が経とうとしています。 始めは大泣きしていたのがウソのよ

記事を読む

歯科矯正 幼児期からできる歯並びのための筋肉トレーニング

2歳児検診の時から子どもの歯並びが気になっていたので、歯医者さんに相談しな がら、ずっと「経過観察

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
     
PAGE TOP ↑