Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

かくれかご (鬼決め)青森県

歌詞

かぐれかご とかごとになって かぐれろ

 

遊び方

一列、もしくは円になって並んでいる子どもたちを指差しながら歌います。

最後の「ろ」で当たった子が順に抜けていき、最後まで残った子が鬼です。

 

遊び方のポイント

方言が顕著に表れている歌なので、譜面どおりに歌う場合は必ず発音をはっきりとさせましょう。

歌詞を母音で発音すると分かりますが、一語一語違う母音が続くので、意識して口をよく動かすように心がけて下さい。

少しゆっくり歌う方がよいでしょう。

中に入って鬼決めする子が一人で歌えるように歌いこむことが大切です。

「かくれかご」、「かぐれろ」となっていますが、歌うのが難しいようであれば「かくれかご」「かくれろ」とうたってもよいでしょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「かくれかご」とは方言で「かくれんぼ」のことで、「かくれご」とも呼ばれたりしています。

「かくれんぼ」は中国から伝わったとされ、平安時代には、恋人たちが愛を確かめ合うために女性が山に入り、男性がそれを見つけ出すといった男女間での儀式だったようです。

それが子どもの遊びとして伝えられ、今でも日本の伝統的な遊びとして受けつがれています。

しかし、近年の日本では神隠しや誘拐、事故などを恐れ、日が暮れてからの「かくれんぼ」などを控えるようになっているようです。

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた【いろいろな遊び方】

わらべうたには、歌に伴ったいろいろな遊び方(動き)があります。 一人で遊べるものから数人で遊べ

記事を読む

わらべうた【鬼遊びうた】

あそびの定番といえば「鬼ごっこ」ですね。 「鬼」のでてくるあそびはたくさんあります。 鬼

記事を読む

わらべうたで遊ぶことの意味 子どものあそびの歴史と文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかには、そ

記事を読む

なわとび遊び歌-いちわのからすが

いちわのからすが(縄跳び) 宮城県 歌詞 いちわのからすが かあか にわのにわとり こけこ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーなみなみわんわちゃくり

なみなみわんわちゃくり (輪遊び) 沖縄県 歌詞 なみなみ わんわちゃくり ゆちぬさ ちぬ

記事を読む

わらべうた【まりつきあそび】

「毬」は蹴鞠と手まりの2つあります。 男性が楽しむ「蹴鞠」と、女児が遊ぶ「手まり」があります。

記事を読む

手合わせ歌-おもやのもちつき

おもやのもちつき (手合わせ)京都府 歌詞 おもやの もちつき いんきょの もちつき いっとつい

記事を読む

手合わせ歌-さんといちに

さんといちに (手合わせ)鳥取県 歌詞 せっせっせ  さんといちに さんといちに さんさん

記事を読む

わらべうた-こいのたきのぼり

こいのたきのぼり(胴送り)山口県 歌詞 こいのたきのぼり なんというて のぼるか &nbs

記事を読む

音楽教育の基礎 わらべうた  

子どもに音楽の楽しさを知ってもらうには、わらべうたがとても効果的です。 なぜわらべうたが良いの

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑