*

わらべうた-じごくごくらく

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

じごくごくらく(ゆすり遊び)広島県

歌詞

じごくごくらく えんまさんのまえで

おきょうをよんで はすのやまへとんでいけ

 

じごくごくらく えんまさんのまえで

おきょうをよんで はりのやまへすてられた

 

遊び方

2人組になり、向かい合って手をつなぎ、なかに1人入ります。

歌いながら左右に揺らし、「とんでいけ」で片手の手を放して放り出します。

門くぐりの遊びでつかまった子の遊びにしてもいいですね。

 

遊びのポイント

この遊びはもともと別の遊びと連動していて、勝ったグループと負けたグループに分かれてあそびます。

勝った方の2人が向かい合って手をつなぎ、そのなかへ負けた方の1人を入れ、歌いながら左右に揺らします。

ある意味罰ゲームのような遊びです。

 

また、単体の遊びにしても面白いですし、他の遊びの延長で遊ぶこともできる歌です。

大人2人と一緒に遊ぶ場合は、子どもの脇と足を抱えて横に揺らして遊ぶのも楽しいでしょう。

門くぐりなどの遊びと一緒にする場合は、つかまった人に“地獄”と“極楽”のどっちがよいかを聞いて、“地獄”なら激しく揺らす、“極楽”ならゆっくり揺らすなど変化をつけてあそんでみましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

閻魔さまはもともとインド神話では光明の神様とされていましたが、人類最初の死者となったため、冥界の支配者となりました。

平安時代になると十王信仰が盛んになり、閻魔さまもその一人として数えられました。

人間は死後初七日から七日ごとに四十九日まで、その後百ヶ日、一周忌、三回忌と10回にわたり生前の罪を十王によって裁かれ、来世の生を定められるといわれています。

また、人は生まれながらにして、俱生神(くしょうじん)と呼ばれる2人の神様が左右の肩にのっており、善行悪行のすべてを記録し、三十五日目の閻魔大王の裁判のときにすべて報告されるとか。

閻魔さまの前では嘘をつけないというのはそこからきているのです。

スポンサーリンク

 

関連記事

まりつきうた-どんぐりころちゃん

どんぐりころちゃん (まりつきあそび) 徳島県 歌詞 どんぐりころちゃん あたまは とんが

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

わらべうた-あずきしょ

あずきしょ(背負い遊び)宮城県 歌詞 あずきしょ まめしょ いどばたに ちゃわんかけ おど

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-いもむしごろごろ

いもむしごろごろ  遊ばせ遊び歌 千葉県 歌詞 いもむし ごろごろ ひょうたん ぽっくりこ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(ひざのせ遊び)-おすわりやす

おすわりやす (ひざのせ遊び)京都府 歌詞 おすわりやす いすどっせ あんまりのったら こ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌-あがりめさがりめ

あがりめさがりめ  遊ばせ遊び歌(顔遊び) 山口県 歌詞 あがりめ さがりめ くるっとまわって 

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーだいこんかぶらの

だいこんかぶらの(鬼決め)香川県 歌詞 だいこん かぶらの にんじんの ほい  

記事を読む

わらべうた 季節の歌ーひよりにあめがふりゃ

ひよりにあめがふりゃ 季節の歌(夏)高知県 歌詞 ひよりに あめがふりゃ きつねの よめいり

記事を読む

わらべうた 触れ遊び歌-べんけいが

べんけいが  触れ遊び 奈良県 歌詞 べんけいが ごじょうの はしを わたるとき うんとこ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑