*

わらべうた-いっぴきちゅー

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

いっぴきちゅー(数遊び)長野県

歌詞

いっぴきちゅー もとのかえって いっぴきちゅー

にひきちゅー  もとにかえってにひきちゅー

*もとは縄跳び歌

 

遊び方

いっぴきちゅー・・・円になり手をつなぐ、その場で歌う

もとにかえっていっぴきちゅー・・・手を離し一人一人その場でゆっくり一回り

にひきちゅー・・・2人組になり、手をつなぐ

もとにかえって・・・なべなべのように2人手をつないだままひっくり返る

にひきちゅー・・・さらに背中合わせからひっくり返りもとの正面合わせに戻る

3ひき以降は人数を変えて行いましょう

 

遊びのポイント

もともと縄跳びですが、ねずみ算式に増える“数”のイメージ遊びにしています。

歌の中の数が変わるごとに素早く友達を見つけてグループになり、さらに背中合わせになるという難しさがあるので、最初は「にひきちゅー」まで、慣れてきたら「3ひき」「4ひき」と増やしていきましょう。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

ねずみは昔から数字と関わることが多く、皆さんがごぞんじの「ねずみ算」もその一つです。

「ねずみ算」とは、江戸時代に吉田光由が著した『塵劫記(じんこうき)』にでてくる算数の問題です。

その問題とは次のようなもの。

「正月にねずみのつがいが現れ、子を12匹産む。

そして親と合わせて14匹になる。

このねずみは2月に子ねずみがまた子を(孫)を12匹ずつ産むため、親と合わせて98匹になる。

このように、月に一度ずつ、親も子も孫もひ孫も月々に12匹ずつ産むとき、12か月でどれくらいになるか・・?」

さぁ、計算してみて下さいね!

 

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうた【なわとびうた】

わらべうたを歌いながら、数人で跳ぶ、なわとび遊び。 昔から歌われている歌から、最近できた新しい

記事を読む

わらべうた【鬼遊びうた】

あそびの定番といえば「鬼ごっこ」ですね。 「鬼」のでてくるあそびはたくさんあります。 鬼

記事を読む

わらべうた-うぐいすのたにわたり

うぐいすのたにわたり(くぐり遊び)香川県   歌詞 うぐいすの たにわたり う

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーだいこんかぶらの

だいこんかぶらの(鬼決め)香川県 歌詞 だいこん かぶらの にんじんの ほい  

記事を読む

遊ばせ遊び歌-あんよはじょうず

あんよはじょうず          遊ばせ遊び歌 長野県   歌詞 あんよは じょう

記事を読む

日本の民謡やわらべうたの特徴

日本の民謡やわらべうたには、世界でも珍しい特徴が二つあります。 ひとつは、ものすごく音

記事を読む

手遊び歌-だんごだんご

だんごだんご 手あそび歌 大阪府     歌詞 だんご だん

記事を読む

指あそび歌-いちにさん

いちにさん (指あそび) 広島県 歌詞 いちにさん にのしのご さんいちにの しのにのしの

記事を読む

季節の歌ーからすからす

からすからす 季節の歌(秋)栃木県 歌詞 か らす か らす かん ざぶ ろう &nb

記事を読む

わらべうた 輪あそびーなみなみわんわちゃくり

なみなみわんわちゃくり (輪遊び) 沖縄県 歌詞 なみなみ わんわちゃくり ゆちぬさ ちぬ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 
   
    • RUN

    • ガーデニング、おやつ作り、キャンプ、
      読書が趣味の主婦。
      元保育士で現在3人の子どもとシュタイナー教育実践中。
    • 詳しいプロフィール
 
 
     
PAGE TOP ↑