Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

外国の子どもとうちの子どもたち

公開日: : 子育て日記

     

台風が過ぎた後は木の枝がたくさん折れていて、道路に落ちているものもあれば、気にぶら下がっているものもあったり。

そんな大きな枝を手に入れる機会はなかなかないので、子どもたちは大喜びで木の枝集めをして遊んでいました。

 

そんなに集めていったい何をするのかしら・・??

と思っていたら、集めた枝を屋根にして基地を作っていました。

 

子どもって基地をつくるの、好きですよね(*´艸`*)

 

そんな遊びをしていたと思ったら、子どもたちの叫ぶ声・・・・

「こら~~~~!!!!」

「まて~~~~~!!!!」

 

一体なに事??

と思ってのぞいて見ると、インド人の子どもを追いかけているではありませんか・・・・・(;’∀’)

 

わが家の住んでいる団地はインド人の家庭が多く、そのためインド人の子どももとても多いんです。

インド人のインターナショナルスクールがあるため、そういったことも関係しているのでしょう。

なので、インド人の子どもと日本人の子どもがとても多い地域。

 

しかし、彼らとの交流は難しいのです。

 

なぜかって???

 

 

それは言葉が通じないから( ^ω^)・・・

 

うちの子どもたちがインド人の男の子を追いかけていましたが、それを見ていたインド人の女の子が突然、

 

「やめて!!!」

 

と叫びました。

びっくりして子どもたちはいったん止まりましたが、再度追いかけはじめ・・・・

また、

 

「やめて!」

 

・・・・・・・・・・・・。

 

 

結局子どもたちは引き下がっていましたが、不満がある様子。

 

 

あとで話を聞いてみると、せっかく作った秘密基地をインド人の男の子に壊されてしまったそう。

女の子はまったく関係ないのだとか。

 

「男の子にやめてって言った??」

 

と聞くと、

 

「言ったけどやめてくれなかった」

 

とのこと。

 

言葉が通じないせいかなぁ・・・・と思いましたが、なかなか難しい。

 

とりあえす、英語で「stop that please」と言ってみたら?

とすすめてみました。

 

とにかく言葉が通じないことにはどうしようもないから💦

 

彼女は私の教えた言葉を何度か練習していましたが、果たして使えるか??

でも、実際に使うのも勇気がいりますからね・・・(;^_^A

 

言葉が通じて、トラブルが少なくなればそれでよし!!!!なんだけれど・・・(´-∀-`;)

せっかく、こんなに近くに外国の子どもがいる環境なのだからうまくコミュニケーションがとれるようになってほしいなぁと思う出来事でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

夏風邪ひきました・・・

今日は久しぶりに、中学の同級生と遊ぶ約束をしていました。何年ぶりかしらぁ(^^♪ にもかかわらず、子

記事を読む

長女と柿

3年生になると、世界との出会いがある。シュタイナー教育では3年生になると 課外活動が多くなるようで、

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

no image

子どもを伸ばす!小学校選び実践記録

子どもがどんな環境で育ち、どんな友だちと過ごすのか・・・小学校での6年間は人生の基礎となる重要な時期

記事を読む

不思議実験!つかめる水?

以前やっていた通信教育の特典で、好きなおもちゃがもらえるということで、今回 子どもたちが選んだのが

記事を読む

アドベントガーデンりんごろうそく

12月のアドヴェントに向かって何かと忙しなくなるこの季節。 今年は、はじめての幼稚園で「りんご

記事を読む

お父さんとの散歩

今回は上の子二人が祖父母に旅行へ連れて行ってもらったので、末っ子長男と旦那と 3人で過ごしました。

記事を読む

いざ!シュタイナー学校へ転入!

わが家の長女は公立小学校へ2年生まで通いました。 長女は学校が嫌いになり、不登校まではいきませ

記事を読む

シュタイナー教育の発表会

各学期の終わりを迎えるとき、シュタイナー学園では終業式ではなく月例祭というものが行われます。

記事を読む

楽しい!受けたい!ゲーム感覚で音楽の授業

2年生の音楽の授業参観がありました。 シュタイナー教育の音楽ってどんな風に行われるのか?興味深

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑