*

わらべうた-ふねだふねだ

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ふねだふねだ (身振り遊び)愛知県

歌詞

ふねだふねだ かわらのふねだ

 

遊び方

座って船をこぐ真似をしながらお尻と足を使って前へ前へと進みます。

何人かで競争してもよいでしょう。

 

あそびのポイント

“舟をこぐ”という動作を考えると後ろ向きで進むのが自然です。

でも最初は難しいと思うので、前を向いて足とお尻で進むようにしましょう。

慣れてきたら、舟をこぐ動作を付け加えて後ろ向きで進んでみましょう。

こぐタイミングと身体が動くタイミングが上手く合うように心がけて下さい。

舟こぎ競争をするときは、競うことに夢中になって歌が疎かにならないように気をつけましょう。

 

かけっこと違い、お尻、腹筋などすべてを使って運動できる遊びです。

いつもとはちがう筋肉が鍛えられるので、下半身が弱いといわれる現代っ子にはおすすめの遊びです。

お尻はなるべく床につけたままで、お尻のすべりが悪いときは、段ボールや座布団などを敷いて舟代わりにしてもいいですね。

 

わらべ歌にまつわる知識

川遊びの代表といえば笹舟流し。

友だちと一緒に、誰の舟が一番早いか競争した思い出もあるのではないでしょうか。

作り方は、笹の葉の両端を中央に向かって折り曲げます。

端から中央に向かって3等分に切れ目を入れ、その外側2つを上で組み、反対側も同じようにして舟をつくります。

七夕に流す笹舟や平和を願った折り鶴での笹舟流しもありますが、もとは厄除けのための笹舟流しだったようです。

どっちにしても、「思いを託す」意味で流すのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

季節の歌ーしんわりたんわり

しんわりたんわり          季節の歌(夏)京都府 歌詞 しんわり たんわり もものき

記事を読む

季節の歌ーまつぼっくりがあったとさ

まつぼっくりがあったとさ 季節の歌(秋)群馬県 歌詞 まつ ぼっ くりが あっ たとさ

記事を読む

幼児音楽に最適なものとは?

子どもたちの出会う「音楽」とはどんなものか、考えてみたことはありますか? 私自身、幼少の頃はピ

記事を読む

わらべうたという日本文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかに

記事を読む

わらべうた-うぐいすのたにわたり

うぐいすのたにわたり(くぐり遊び)香川県   歌詞 うぐいすの たにわたり う

記事を読む

遊ばせ遊び歌-いちのめ

いちのめ 触れ遊び 和歌山県   歌詞 いちのめ にのめ さんのめ しりのめ

記事を読む

わらべうた【まりつきあそび】

「毬」は蹴鞠と手まりの2つあります。 男性が楽しむ「蹴鞠」と、女児が遊ぶ「手まり」があります。

記事を読む

知っていますか?わらべうたの種類と童謡との違い

「カラスがなくから か~えろ♪」 日が暮れて、友だちがひとりふたりと帰っていくなか、少し寂しさ

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌ーかくれかご

かくれかご (鬼決め)青森県 歌詞 かぐれかご とかごとになって かぐれろ 遊

記事を読む

季節の歌-ごがつのしょうぶ

ごがつのしょうぶ          季節の歌(春)青森県 歌詞 ごがつのしょうぶ あだてもと

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑