Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた-ほうしほうし

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

ほうしほうし(数遊び)岡山県

歌詞

ほうし ほうし いっぽんほうしは

でぬもんじゃ おやこさんにん でてこい

 

 

遊び方

鬼決めで鬼を一人決めたら、歌いながら自由に歩きます(鬼も)

「おやこさんにんでてこい」と鬼が歌ったら3人組を作ってその場に手をつないで座ります。(鬼も入る)

あまった人が次の鬼です。

 

遊びのポイント

「おやこさんにん」のところは「おやこ○にん」と人数に応じて変化させて遊ぶのも面白いです。

鬼が歌を歌い終わるまでグループを作るのはなし、というルールを徹底しないと、最終的に鬼を何度も同じ子がやる羽目になってしまうので注意が必要です。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

「ほうし」とは「法師」と書き、「つくし」のことです。

先端の形が「法師」に似ていたことからつけられたようです。

また、「つくし」は「土筆」と書きますが、こちらは筆を立てた姿に似ているところから「当て字」として使われるようになりました。

なぜ「つくし」と呼ばれるようになったかは諸説ありますが、子どもたちが「つくし」を使ってはかまのところを一箇所抜き、「どこ継いだどこ継いだ」と“継ぎ目遊び”をしていたことから「継ぐ(くっつける)」と「法師」で「つくし」となったのではないかといわれています。地方によってこの「つくし」の呼び方も様々あり、「ずくぼんじょ」や「つぎのこ」、「まつなのこ」とも呼ばれたりするそうです。

スポンサーリンク

 

関連記事

まりつき歌-加藤清正

加藤清正(まりつき)鹿児島県 歌詞 かとうきよまさ うまのってほい あとから けらいが た

記事を読む

わらべうた 輪あそびーなみなみわんわちゃくり

なみなみわんわちゃくり (輪遊び) 沖縄県 歌詞 なみなみ わんわちゃくり ゆちぬさ ちぬ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

わらべうた 鬼あそびーおおまたこまた

おおまたこまた(つかまえ鬼)東京都 歌詞 おおまた こまたか かけあしか  

記事を読む

手遊び歌-にいがたせんべ

にいがたせんべ (手遊び)新潟県 歌詞 にいがたせんべ しおせんべ どのせんべが やけたか

記事を読む

手合わせ歌-さんといちに

さんといちに (手合わせ)鳥取県 歌詞 せっせっせ  さんといちに さんといちに さんさん

記事を読む

わらべうた【鬼決め遊び歌】

鬼ごっこやかくれんぼをするときに歌いながら鬼をきめる「鬼決め」。 鬼を決めるのも楽しくなくちゃ

記事を読む

指あそび歌-こどもとこどもと

こどもとこどもと (指あそび) 歌詞 こどもとこどもと けんかして くすりやさんが とめた

記事を読む

わらべうたで遊ぶことの意味 子どものあそびの歴史と文化

子どものあそび、そのなかには、遠い祖先の信仰や習慣がふくまれています。 特に、わらべ唄のなかには、そ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑