*

シュタイナー幼稚園の遠足

公開日: : 子育て日記

     

長いお休みゴールデンウィークも終わり、末っ子も幼稚園に慣れてきて、楽しい遠足がありました。
遠足は近くの自然のいっぱいの四季の森公園に行きました。
入園したばかりの子は親子での参加でした。

わが子は「親子で参加」ということもあってか、いつも以上によくしゃべって歩いていました( ´∀` )
 
公園内を散策、ちょっとした小川であそんで、先生のつくってきてくれたおやつをいただき・・・なんとまぁゆっくりした時間を過ごせました。
他にも小学生の子どもたちもオリエンテーリング??のようなことをやっていて、そこそこにぎわっていましたが子どもたちは気にする様子もなく過ごしていました。
 
お昼ご飯を食べたらすぐに解散だったので、あっという間でしたが長女たちの通っていた遠足とはまた違っていて、子どもも大人も違った意味で楽しめる遠足でした。
 
長女たちの遠足では動物園だったのですが、動物をゆっくり見るというよりはルートを一通り回る・・・といった感じでゆっくりした感じはありませんでした。お弁当の後も子どもたち同士でおやつ交換があるので、買っていくおやつも数がなくちゃ!!といった感じでした。
それと比較すると、長男の通うシュタイナー幼稚園では「遠足」に対しての考え方も違うのかなぁと思いました。
まぁ、人数が少ないということもありますが・・。
日本の幼稚園は先生が見る人数に対して、子どもの人数が多いように感じます。30人近くいる子どもを一人ひとり見てあげるには、限界があるような気がするからです。
 
以前働いていた発達障害児の通園施設では、個々の対応が大切でしたし、それに対しては職員の数はすぐに対応できるように多めでした。(当たり前と思われるかもしれませんが・・・)
でも、個々の対応ができる程度が幼稚園でも必要なのではないかと私は感じました。
 
それはさておき、ゴールデンウィーク明けも長男は泣くこともなく、幼稚園にも慣れてきたのであとはフルタイムで幼稚園をすごすのみ!!
お弁当持参で幼稚園に行けるのはいつかなぁと待ち遠しくも感じるのでした。
 

スポンサーリンク

 

関連記事

no image

縦割り保育のありがたさ

幼稚園三日目は雨が降っていました。 合羽を着ていきましたが、母の雨にぬれた姿を見て息子が、 「ぬれち

記事を読む

雨の日の遊び

                   10月の雨はすっかり冷たく、身に応えるほどの寒さですね。 そん

記事を読む

学園公開アドヴェントの集い

キリスト降誕を待つ時期であるアドヴェント。12月に入り、学園で行われたアド ヴェントの集いに初めて参

記事を読む

「くり返し」が子どもを安心させます

シュタイナーは、ちいさな子どもの暮らしには、リズムが必要だと話しています。 それはなぜ?日本シュタイ

記事を読む

嘔吐下痢 年越し看病の冬休み

2019年の始まりは、驚きと疲れから始まりました。   冬休みに入るなり、末っ

記事を読む

末っ子の「なんで?」攻撃?

我が家の末っ子長男。上に二人の姉がいるせいか、生まれ持ったものなのか、とってもおしゃべりが 好き。大

記事を読む

学級閉鎖

大寒を境に、雪も積もって寒さが身に染みるようになりました。こういう時、暦って自然をよく知っているんだ

記事を読む

多くなってきた姉妹けんか

ケンカするほど仲がいい・・・とは言いますが、お年頃の姉妹というものはなかなか むずかしいものです(~

記事を読む

30代 実母との関係の作り方

実の親、といえども子どもが大人になってしまうと、もはやそれは一人の大人で あって子どもではないので

記事を読む

子どもの片付けの仕方

夏休みに入ったので、そろそろ部屋の荷物を片付けようと、子どもと一緒に取り 掛かってみました。子どもは

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑