*

わらべうた 鬼あそび-あめかあられか

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

あめかあられか (つかまえ鬼) 長野県

歌詞

あめか あられか てっぽうか

うめに うぐいす ほうほけきょ おじぞうさまか

 

遊び方

鬼は目隠しをしてしゃがみます。

他の子は円になり、鬼を囲みます。

手をつないで右方向に回りながら歌を歌い、歌の後、鬼が選んだ言葉のポーズをとりながら逃げます。

鬼は10数えて「ストップ」といい、後は音を頼りにつかまえます。

つかまえたら、さらにつかまえたこの名を当てます。

 

歌の後

鬼「雨」・・・・「ざあざあ」と言って逃げる

「あられ」・・・「さらさら」と言って逃げる

「鉄砲」・・・「どどんどん」と言って逃げる

「梅」・・・静かに逃げる

「うぐいす」・・・「ほーほけきょ」と言って逃げる

「地蔵」・・・その場で動かず地蔵ポーズ

 

遊びのポイント

「雨」なら“ざあざあ”、「あられ」なら“さらさら”といった具合に鬼が決めたものによって逃げ方が異なります。

一人ひとりがあそびのルールをよく理解することがポイントです。

鬼は目隠しをするため、何もない広いとことで遊ぶようにしてください。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

鉄砲の弾が激しく降り注ぐ様子を「雨あられ」といいます。

そのために「鉄砲」という少し物騒なものが歌の中に表れたのでしょう。

「梅にうぐいす」は取り合わせ良いものの代表として有名ですが、実は梅の枝にとまるのはうぐいすによく似たメジロで、本当のうぐいすは茂みの中などを好み、花の蜜ではなく、虫を食します。

ではなぜ「梅にうぐいす」といわれるようになったでしょう。

これは、「鶯宿梅(おうしゅくばい)」という故事からきているそうです。

また、うぐいすは経読鳥(きょうよみどり)とも呼ばれており、最後に“お地蔵様”が出てくるのは「ホーホケキョ」と「法華経」を掛詞(かけことば)としてことばあそびを楽しんでいるからだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

わらべうたってなんだろう?

「カラスがなくから か~えろ♪」 日が暮れて、友だちがひとりふたりと帰っていくなか、少し寂しさ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーゆすらんかすらん

ゆすらんかすらん(輪遊び) 広島県 歌詞 ゆすらん かすらん たかいやまこえて ひくいやま

記事を読む

指あそび歌-ちゃつぼ

ちゃつぼ (指あそび)広島県 歌詞 ちゃちゃつぼ ちゃうぼ ちゃつぼにゃ ふたがない そこ

記事を読む

わらべうた 遊ばせ遊び歌(ゆすり遊び)-ゆすってゆすって

ゆすってゆすって (ゆすり遊び)高知県 歌詞 ゆすって ゆすって ゆすらんめ えべっさん 

記事を読む

わらべうた-じごくごくらく

じごくごくらく(ゆすり遊び)広島県 歌詞 じごくごくらく えんまさんのまえで おきょうをよ

記事を読む

わらべうた 輪あそびーおおなみこなみで

おおなみこなみで (輪遊び)東京都 歌詞 おおなみこなみで かぜがふいたら まわしましょ

記事を読む

わらべうた 季節の歌ーはたはたぎっちょん

はたはたぎっちょん 季節の歌(秋)大阪府 歌詞 はたはた ぎっちょん ぎっ ちょん ちょん

記事を読む

わらべうた 輪あそびーなみなみわんわちゃくり

なみなみわんわちゃくり (輪遊び) 沖縄県 歌詞 なみなみ わんわちゃくり ゆちぬさ ちぬ

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-ねこがごふくやに

ねこがごふくやに(色鬼)鳥取県 歌詞 ねこが ごふくやに たびかいござる たびは なんもん

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑