Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*

わらべうた 鬼あそび-あめかあられか

公開日: : 最終更新日:2019/01/16 わらべうた, コダーイの音楽教育

     

あめかあられか (つかまえ鬼) 長野県

歌詞

あめか あられか てっぽうか

うめに うぐいす ほうほけきょ おじぞうさまか

 

遊び方

鬼は目隠しをしてしゃがみます。

他の子は円になり、鬼を囲みます。

手をつないで右方向に回りながら歌を歌い、歌の後、鬼が選んだ言葉のポーズをとりながら逃げます。

鬼は10数えて「ストップ」といい、後は音を頼りにつかまえます。

つかまえたら、さらにつかまえたこの名を当てます。

 

歌の後

鬼「雨」・・・・「ざあざあ」と言って逃げる

「あられ」・・・「さらさら」と言って逃げる

「鉄砲」・・・「どどんどん」と言って逃げる

「梅」・・・静かに逃げる

「うぐいす」・・・「ほーほけきょ」と言って逃げる

「地蔵」・・・その場で動かず地蔵ポーズ

 

遊びのポイント

「雨」なら“ざあざあ”、「あられ」なら“さらさら”といった具合に鬼が決めたものによって逃げ方が異なります。

一人ひとりがあそびのルールをよく理解することがポイントです。

鬼は目隠しをするため、何もない広いとことで遊ぶようにしてください。

 

わらべ歌にまつわる豆知識

鉄砲の弾が激しく降り注ぐ様子を「雨あられ」といいます。

そのために「鉄砲」という少し物騒なものが歌の中に表れたのでしょう。

「梅にうぐいす」は取り合わせ良いものの代表として有名ですが、実は梅の枝にとまるのはうぐいすによく似たメジロで、本当のうぐいすは茂みの中などを好み、花の蜜ではなく、虫を食します。

ではなぜ「梅にうぐいす」といわれるようになったでしょう。

これは、「鶯宿梅(おうしゅくばい)」という故事からきているそうです。

また、うぐいすは経読鳥(きょうよみどり)とも呼ばれており、最後に“お地蔵様”が出てくるのは「ホーホケキョ」と「法華経」を掛詞(かけことば)としてことばあそびを楽しんでいるからだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

手合わせ歌-おもやのもちつき

おもやのもちつき (手合わせ)京都府 歌詞 おもやの もちつき いんきょの もちつき いっとつい

記事を読む

わらべうた【手遊び歌】

昔から遊ばれている手遊び歌は、時代を経て、時に形や歌詞を変えて受けつがれています。 自分が子ど

記事を読む

わらべうた 触れ遊び歌-そうめんや

そうめんや (触れ遊び)静岡県 歌詞 そうめんや そうめんや おしたじ かけて おからみ 

記事を読む

わらべうた-こめやさん

こめやさん(背負い遊び)東京都 歌詞 こめやさん つぎやさん ぎったらこん ばったらこん

記事を読む

わらべうた 季節の歌-こっとりかけたか

こっとりかけたか  季節の歌(夏)高知県 歌詞 こっとり かけたか こっこっこー &n

記事を読む

まりつきうた-どんぐりころちゃん

どんぐりころちゃん (まりつきあそび) 徳島県 歌詞 どんぐりころちゃん あたまは とんが

記事を読む

わらべうた 鬼決め歌-じょうりぎ

じょうりぎ(鬼決め)青森県 歌詞 じょうりぎ じょうりぎ じょばんの ていしゅ おっこのみ

記事を読む

わらべうた-らかんさん

らかんさん(物まね遊び)静岡県 歌詞 らかんさんが そろったら まわそじゃないか よいやさ

記事を読む

わらべうた 季節の歌-かなへびこ

かなへびこ 季節の歌(春)秋田県 歌詞 かなへびこ ちょろちょろ   あそ

記事を読む

わらべうた-こいのたきのぼり

こいのたきのぼり(胴送り)山口県 歌詞 こいのたきのぼり なんというて のぼるか &nbs

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑