*

季節の歌ーあぶくたった

公開日: : 最終更新日:2019/12/10 わらべうた

     

あぶくたった 季節の歌(冬)福井県

歌詞

あぶく たった にえたった

にえたか どう だか たべてみよ

むしゃ むしゃ むしゃ

まだにえない(もうにえた)

 

 

あそび方

最初にあずきになる子(鬼)を決めます(1人でなく2,3人でも)。

鬼は座って、残りの子どもたちは鬼のまわりで手をつないで、円を作ります。

➀歌いながら右回りにまわります。

②「むしゃむしゃむしゃ」で中の鬼(あずき)を食べる真似をします。

「まだにえない」ようなら➀から繰り返します。

③「もうにえた」らまわりの子どもたちはその場に座り

「戸棚に入れて 鍵かけて お風呂に入って ご飯を食べて お布団敷いて さあ寝ましょ」とセリフを言います。(このセリフは諸説ありますが、知っているセリフで楽しんでください)

④鬼が立って、まわりで座っている子どもあっちに向かって

「トントントン」といいます。

まわりの子どもたちは

「何の音?」と聞きます。

鬼は

「○○の音」(いろいろな音を見つけてみて下さい)と答えます。

 

 

あそびのポイント

鬼ごっこができない月齢であれば、両手で鍋を作り、その中に小豆の代わりになるもの(例えばどんぐりやおはじきなど)をいれて煮込む真似をしてもいいですね。

また、大人が鍋を作り、子どもの目の前でお豆を煮こんで、味を見てもらう(真似をする)のも楽しいです。その際、誤飲などに注意してください。

 

豆知識

現在では鬼ごっことして親しまれている「あぶくたった」。

本来の「あぶくたった」は1月15日の小正月に“小豆がゆ(15日がゆ=無病息災を願う)”の煮え加減を見るときに歌ったものでした。

小豆には、その色から呪力があると信じられ、めでたい日や厄払いのときの食べ物とされてきました。

小正月に小豆粥を食べる習慣は、平安時代から続いており、江戸時代には月初めや季節の変わり目、引っ越しなどの生活の節目にも厄除けとして食べられていました。

スポンサーリンク

 

関連記事

季節の歌ーあわもちねれねれ

あわもちねれねれ 季節の歌(冬)三重県 歌詞 あわもち ねれねれ ねれたら ほっつけな

記事を読む

季節の歌ーはたはたぎっちょん

はたはたぎっちょん 季節の歌(秋)大阪府 歌詞 はたはた ぎっちょん ぎっ ちょん ちょん

記事を読む

わらべうた-じごくごくらく

じごくごくらく(ゆすり遊び)広島県 歌詞 じごくごくらく えんまさんのまえで おきょうをよ

記事を読む

季節の歌ーほたるこい

ほたるこい 季節の歌(夏)長野県 歌詞 ほーたる こーい ちちやるに やまぶし こーい

記事を読む

季節の歌ーしんわりたんわり

しんわりたんわり          季節の歌(夏)京都府 歌詞 しんわり たんわり もものき

記事を読む

わらべうたでベビーマッサージ わらべうた遊びで楽しくスキンシップ!

赤ちゃんと歌うわらべうたってどんなものがあるのでしょうか? 「わらべうた」といっても改まって歌

記事を読む

遊ばせ遊び歌-あんよはじょうず

あんよはじょうず          遊ばせ遊び歌 長野県   歌詞 あんよは じょう

記事を読む

あんたがたどこさ【小学生向けわらべうた】

あんたがたどこさ【年長・小学生向け】 歌詞 あんたがた どこさ ひごさ ひごどこさ くまも

記事を読む

季節の歌ーうめぼしゅたべても

うめぼしゅたべても         季節の歌(夏)山口県 歌詞 うめぼしゅたべても さねかむ

記事を読む

わらべうた 鬼遊び-おやとろことろ

おやとろことろ(子取り鬼) 福岡県 歌詞 (鬼)おやところ こところ(全員)どのこがほしい

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑